ここから本文です

新・特急ロマンスカー「EXEα」、満席で出発進行! その特徴は? 小田急

3/1(水) 17:57配信

乗りものニュース

「EXEα」デビュー、ホームにも多くの人々

 小田急電鉄の特急「ロマンスカー」、その新しい車両である30000形「EXEα(エクセ アルファ)」が2017年3月1日(水)、営業運転を開始しました。

【写真】新ロマンスカー「EXEα」、その車内は?

「EXEα」はその日、新宿発16時30分の箱根湯本行き「はこね41号」で営業運転を開始。夕方、夜の帰宅にはまだ早いなど、普段、多くの乗客がいる時間帯ではありませんが、この日の「はこね41号」は満席でした。小田急電鉄によると、「EXEα」が3月1日のこの列車でデビューすると発表した直後から、多くの予約があったといいます。

 また「はこね41号」が発車する新宿駅ホームには、その30分以上前から多くのファンが集結。ついにデビューする「EXEα」を待ち受けていました。

 この「EXEα」は1996(平成8)年にデビューした30000形「EXE」をリニューアルしたもので、完全な新車ではありませんが、小田急電鉄の広報担当者は、新型車両のデビューと同じように歓迎してもらえて嬉しい、また「ロマンスカー」を愛していただきありがたいと話します。

「EXEα」の特徴、運行スケジュールは?

 小田急電鉄は、1996(平成8)年の「EXE」就役から20年が経過し、高齢化の進展や訪日外国人旅行者の増加など社会が変化するなか、多様化する利用者のニーズに合致した車両サービスを提供するため今回、「EXE」から「EXEα」への全面リニューアルを実施。外装デザインの一新、客室の快適性向上、大型収納スペースや「ゆったりトイレ」、防犯カメラの設置、省エネ化、低騒音化などが行われています。

 30000形「EXE」は7編成あり、そのうちの1編成が2017年3月1日(水)に「EXEα」としてデビューしました。残りの「EXE」も順次、「EXEα」にリニューアルされます。また今後リニューアルされ登場する車両は、窓側の座席にコンセントも設置される見込みです。「EXEα」の運行予定は、小田急電鉄のウェブサイトで確認できます。

恵 知仁(鉄道ライター)