ここから本文です

メッシ、中国行き決断か “3つの要求”に難色示すバルサに不満と現地メディア

theWORLD(ザ・ワールド) 3/1(水) 15:00配信

契約延長交渉は難航?

バルセロニスタにとっての不安な日々はまだまだ続きそうだ。稀代のスーパーエースであるリオネル・メッシに良からぬ噂が浮上している。

アレクシス・サンチェス、“超攻撃的軍団”への移籍を熱望

2018年にバルセロナとの契約が満了を迎えるアルゼンチン代表FWは、未だにクラブとの新契約にサインをしておらず、多くの憶測がメディアを騒がせている。恩師ペップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティへの移籍や、パリ・サンジェルマンからの関心などが報じられる中、スペイン『OK diario』はメッシが2018年にフリーでバルサを去り、120億円のオファーを提示する中国へ旅立つ意志を固めたと指摘。曰く、メッシは自身の提示した“3つの要求”に対し、イエスの返事を出さないバルセロナに嫌気が指しているという。その3つの要求とは、ルイス・エンリケの後任と、今夏に放出する選手、そして新たに獲得する選手が誰になるのかを知ることだ。クラブは王様メッシによるこれら全ての要求を満たし切れておらず、10番の我慢も限界に近づいているのかもしれない。

今季のリーガエスパニョーラでも21試合に出場し、20ゴールと活躍するメッシ。果たしてクラブとの新契約交渉はハッピーエンドを迎えることができるのだろうか。今後の展開に注目したい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:3/1(水) 15:00

theWORLD(ザ・ワールド)

Yahoo!ニュースからのお知らせ