ここから本文です

ジョコビッチが初戦に勝利 [アカプルコ/男子テニス]

3/2(木) 7:30配信

THE TENNIS DAILY

 メキシコ・アカプルコで開催されている「アビエルト・メキシカーノ・テルセル」(ATP500/2月27日~3月4日/賞金総額149万1310ドル/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)がマルティン・クーリザン(スロバキア)を6-3 7-6(4)で下した。

西岡良仁がデルレイビーチ優勝のソックを倒して2回戦へ [アビエルト・メキシカーノ・テルセル]

 この勝利はジョコビッチにとって1月の全豪オープン2回戦でのショッキングな敗退後、初のものだった。

「初戦に勝つのは常に難しいものだが、特に第1セットでの自分のテニスには満足している。こんなふうにプレーし続けられるよう願うよ」とジョコビッチは言った。「全豪以来、(デビスカップを除いて)大会でプレーしておらず、ややリズムを欠いていると感じていた。クーリザンはアグレッシブなプレーヤーであり、恐れを知らない。勝つには自分のベストを出す必要があった」。

 29歳で世界2位のジョコビッチは、1月19日以来の大会に臨んでいるところだ。その日、彼はデニス・イストミン(ウズベキスタン)に予想外の敗戦を喫したのである。

 今大会に初出場のジョコビッチは4度ブレークポイントを握られたものの、そのすべてをセーブして第1セットを取った。第2セットではより競り合い、約1時間半の戦いの末にクーリザンを倒すのにタイブレークを潜り抜けなければならなかった。

 ジョコビッチは2回戦でフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)と対戦する。デル ポトロは19歳のフランシス・ティアフォー(アメリカ)を6-4 3-6 7-6(1)で倒すのに、2時間31分を必要とした。

 ジョコビッチとデル ポトロの対戦は2016年リオ五輪1回戦以来となる。そのときには故障でランキングを落としていたとはいえ、2009年全米チャンピオンのデル ポトロがジョコビッチを7-6(4) 7-6(2)で倒している。その後、デル ポトロは銀メダルを獲得した。

 ここ7年で初めてドバイ(ATP500)に出場しなかったジョコビッチは、今大会の優勝候補の筆頭だ。そして2番目の優勝候補は、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)である。ナダルは1回戦でミーシャ・ズベレフ(ドイツ)を6-4 6-3で下した。

 今大会で2度優勝しているナダルは、11戦全勝の戦績を誇っている。彼は2回戦でパオロ・ロレンツィ(イタリア)と対戦する。

 より早い時間帯の試合では、第3シードのマリン・チリッチ(クロアチア)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)を6-3 4-6 6-0で倒し、2回戦へ駒を進めた。

 28歳のチリッチは今季4勝4敗という成績で、ちょっとした不振に苦しんでいる。彼は全豪オープンでは2回戦で敗れ、モンペリエ(ATP250)とロッテルダム(ATP500)では準々決勝進出に留まっていた。

 今年不振に苦しんでいるもうひとりの選手は、バーナード・トミック(オーストラリア)だ。トミックはドナルド・ヤング(アメリカ)に対する1回戦の第1セット終了直後に棄権を決めた。第1セットは7-6(5)でヤングのものとなっていた。

 世界20位として臨んだ昨年大会は準優勝したトミックだが、2017年は調子が急降下しており、出場した5大会のうち4大会で1回戦負けを喫している。

 そのほか、同胞対決でエルネスト・エスコビード(アメリカ)がステファン・コズロフ(アメリカ)を6-1 2-6 6-0で下し、スティーブ・ジョンソン(アメリカ)が待つ2回戦へ進んだ。

 また、サム・クエリー(アメリカ)はカイル・エドマンド(イギリス)を6-4 4-6 6-3で下した。

 2016年大会で準決勝に進出しているクエリーは、2回戦で第5シードのダビド・ゴファン(ベルギー)と対戦する。

 第6シードのニック・キリオス(オーストラリア)は苦しみながらもデュディ・セラ(イスラエル)を3-6 6-3 6-3で倒した。また、前年度覇者で第4シードのドミニク・ティーム(オーストリア)はジル・シモン(フランス)を7-6(7) 6-3で下した。

 第7シードのジャック・ソック(アメリカ)は予選勝者の西岡良仁(ミキハウス)に6-3 2-6 1-6で敗れ、この日唯一のシードダウンとなった。ソックは先週のデルレイビーチ(ATP250)で優勝し、キャリア3つ目のタイトルを獲得したばかりだった。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: ACAPULCO, MEXICO - FEBRUARY 28: Novak Djokovic (SRB) celebrates after winning the match between Novak Djokovic (SRB) and Martin Klizan (SVK) as part of the Abierto Mexicano Telcel 2017 at the Fairmont Acapulco Princess on February 28, 2017 in Acapulco, Mexico. (Photo by Miguel Tovar/LatinContent/Getty Images)

最終更新:3/2(木) 7:30
THE TENNIS DAILY