ここから本文です

【NFL】スティーラーズのハリソンと2年4億円で契約

3/2(木) 10:47配信

NFL公式サイト日本語版

AFC(アメリカン・フットボール・カンファレンス)北地区にいる他チームにとっては悪い知らせとなる。アウトサイドラインバッカー(OLB)ジェームス・ハリソンのピッツバーグ・スティーラーズ残留が決定したのだ。

【第51回スーパーボウル】チアリーダーのフォトギャラリー

同チームは現地1日(水)、38歳のパスラッシャーであるハリソンと新たに2年契約を結んだことを発表。『NFL Network(NFLネットワーク)』のイアン・ラポポートは関係者からの情報をもとに、この契約内容が2年350万ドル(約4億円)であると報じた。また、ハリソンには175万ドル(約2億円)が両年に支払われる契約になっているようだ。

ハリソンは自身の『Instagram(インスタグラム)』で今回の再契約を公表している。

「もう2年、スティーラーズで」

先月にもスティーラーズとハリソンの双方が再契約に前向きであるとラポポートが報じていたように、今回の契約は大方の予想通りでもあった。

39歳の誕生日を2カ月後に控えた選手に2年契約を提示するチームは通常あまり見られないが、ハリソンは普通の選手とはタフさが違う。2016年のレギュラーシーズン、エッジディフェンダーであるハリソンは758回のスナップで5サックを記録、ポストシーズンでは2.5テイクダウンも記録している。

『Pro Football Focus(プロ・フットボール・フォーカス)』によると、パスカバレージに卓越した能力を発揮するハリソンはエッジラッシャーとしてリーグ11位の選手となっている。同選手はまた、ランへの対処法も熟知している。そんなハリソンは今もスティーラーズの構想内にいる。ハリソンが衰えを見せるのはまだまだ先のようだ。

実力者のハリソンがスティーラーズに残留するとなると、AFC北地区のライバルからすれば災難だろう。2017年もハリソンと戦うことになるとは、5年前には誰も想像していなかったはずだ。