ここから本文です

J開幕戦トラブルで炎上のDAZNが謝罪 対応策はまさかの「人力」

3/2(木) 18:30配信

BuzzFeed Japan

Jリーグ開幕戦から配信トラブルが続いているネット動画配信サービス「DAZN」は3月2日、都内で報道陣に向けた説明会を開催。同社のジェームズ・ラシュトンCEOは「プラットフォームとして決して許されるものではない」と一連のトラブルを謝罪した。続けて「トラブルの根本的な原因はすべてわかっており、問題は完全に解決された」と今後はこのようなトラブルはないと断言した。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

DAZNは10年2100億円の放送権契約を結び、今シーズンからJリーグ全試合の有料配信を開始した。しかし2月26日、次の3つのトラブルが起きていた。

・2月26日中継のJ1「ガンバ大阪vsヴァンフォーレ甲府戦」で試合が視聴できない。
・2月26日中継のJ2「愛媛FCvsツエーゲン金沢戦」で試合が視聴できない。
・2月26日開催のJ2全試合の見逃し配信が視聴できない。

説明会に出席したJリーグの村井満チェアマンは「試合中継のデータをDAZNに渡すまでがJリーグの役割。データの部分までは問題なくできた」と話しており、今回のトラブルの原因はDAZN側にある。

では原因はなんだったのか。

DAZNでは試合のライブ配信終了後に、自動的に試合開始と試合終了までをトリミングし「見逃し配信」に変換するツール(オートスタートストップツール)を使用しているが、2月26日開催の全7試合終了後に、このツールが一気に複数試合の同時処理を開始した。

想定外の負荷がかかったためデータベースが破損。結果、配信を担うプラットフォームに障害が起こったという。対策として、配信を担うプラットフォームを再構築。バックアップ体制も強化する。

さらに「見逃し配信」への変換はツールを使わず、手動化。この人力での対応について、DAZNのウォーレン・レー開発部長はBuzzFeed Newsに対し「毎週末、人員を割いて行う」と説明。自動化に再び戻す時期については未定という。

1/2ページ

最終更新:3/2(木) 19:56
BuzzFeed Japan

Yahoo!ニュースからのお知らせ