ここから本文です

大手百貨店のプレミアムフライデーの効果は…

ホウドウキョク 3/2(木) 18:43配信

ホウドウキョク

プレミアムフライデーの効果はあったものの、2月の売上高は減少した。

百貨店大手4社が、2月の売上高を発表し、プレミアムフライデーの初日となった2月24日の売上高は、前の年の2月の最終金曜日と比較して、4社ともに上回った。

増加率は、大丸松坂屋百貨店を運営するJ・フロントリテイリングが17.0%、高島屋が6.0%、そごう西武が5.6%、三越伊勢丹ホールディングスが0.7%だった。

一方、2月の売上高は、うるう年だった前年に比べて、1日少なかったことの影響もあり、そごう西武を除く3社が、前の年を下回った。

プレミアムフライデーについて、J・フロントリテイリングは、「ほかのイベントとも重なり、単純に比較はできない」とする一方、高島屋は「一定の効果はあった。継続した取り組みで、個人消費につなげたい」としている。

最終更新:3/2(木) 18:43

ホウドウキョク