ここから本文です

久々の出番で格下に股間ぶち抜かれる…… 相変わらずのマンCGKに英紙も「擁護できない」

3/2(木) 19:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

試合には勝ったが……

1日にFAカップ5回戦の再試合でハダーズフィールドと対戦したマンチェスター・シティは、攻撃陣がクオリティの差を見せつけて5-1で勝利した。格下相手には妥当なスコアと言えるが、この試合でも気になったのはGKクラウディオ・ブラーボのパフォーマンスだ。

イスタンブールの戦友がジェラードを激励! 「彼は偉大な監督になるよ」

ブラーボは昨夏バルセロナから加入したものの、シュートストップの問題からスタメンを外される機会が増えている。今回のFAカップはそうした悪いイメージを払拭するチャンスでもあったが、前半7分にハリー・バンに股間をきれいに抜かれてゴールネットを揺らされてしまった。

このプレイにはメディアも厳しい。英『Daily Mail』は「ブラーボがミスばかりしている」と取り上げており、あっさり股間を抜かれたことを批判している。しかもブラーボはこれで直近4試合中3試合で最初の枠内シュートを得点に繋げられてしまったことになる。これについても同メディアは「擁護できない成績」と厳しく批判している。

ブラーボは繋げるGKとしてマンCにやってきたが、繋ぐ前にシュートを満足に止められない問題が浮き彫りとなってしまっている。現在はウィリー・カバジェロが優先的に起用されており、今のパフォーマンスではポジションを奪い返すのは難しいだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/