ここから本文です

ACLで浦和に立ちはだかる難敵・上海上港 “最強助っ人”MF「チャンピオンになりたい」

3/2(木) 20:31配信

theWORLD(ザ・ワールド)

チームメイトを助けたい

昨年12月にチェルシーから上海上港へ移籍したブラジル代表MFオスカルだが、デビュー戦となったアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のプレイオフで初ゴールを挙げるなど、早くも存在感を発揮している。

そんな最強助っ人MFオスカルがアジアサッカー連盟(AFC)公式サイトのインタビューに応じ、色々な質問に答えている。まず、上海の印象についてオスカルは「上海上港へ来ることができて本当に嬉しい。街も非常に魅力的だよ。僕はとても満足している」とコメント。さらに、ブラジル出身のフッキやエウケソンについて聞かれると「ここへ来る前、彼らが僕を誘ってくれたんだ。とても良い印象を与えてくれたよ。彼とは素晴らしい関係を築けている。一緒に成長していきたいね」と述べた。

そして、ACLについては「優れたチームも多く、うまい選手もたくさんいるね。難しい試合が待っているんじゃないかな」と話しながらも、「目標はトロフィーの獲得。そのために、できるだけチームメイトを助けていきたいね。僕はチャンピオンになりたいんだ」と意気込みを語っている。

ACLのグループステージ第2節を終えた時点で、2連勝している上海上港。15日に行われる次節は、同じく2連勝を飾った浦和レッズと上海スタジアムで対戦予定となっている。

http://www.theworldmagazine.jp/