ここから本文です

ホンダ、人と協調するロボティクス社会の創造に向けた研究開発組織「R&DセンターX」を新設

3/2(木) 18:23配信

carview!

ホンダの研究開発子会社である本田技術研究所は2月28日、「ロボット技術」「モビリティシステム」「エネルギーマネジメント」などの研究開発組織として「R&DセンターX(エックス)」を2017年4月に新設する事を発表した。

【写真をもっと見る】

R&DセンターXとは、人工知能(以下、AI)をはじめとするデジタルテクノロジーの新たな追い風に対応する組織体制として「AI×Data×Hondaの強み」というコンセプトのもと、従来とは異なるアプローチで研究開発を行う。

当面の研究領域は「ロボット技術」および「モビリティシステム」などの自律的に動く機械やシステムとなり、その総称を「ロボティクス」と定義している。ロボティクスの概念には、ロボットやモビリティシステムを動かすための「エネルギーマネジメント」も含み、基盤技術として「人と協調するAI」も研究する。

ホンダの考える「協調する」とは、「人の感情を理解し共感できること」「人に寄り添い、共に成長していくこと」「主役である人の可能性を拡大していくこと」の3つであると考えられており、無機質で冷たい機械化された社会ではなく、温かみや親近感を感じられるロボティクス社会の創造を目指す。

また、ホンダではこのような考えのもと、AIのことをCI(Cooperative Intelligence = 人と協調できる人工知能)と呼んでいる。

ホンダはこれらのイノベーションを実現するためには、柔軟で、機敏で、野心的な組織から生まれるものだと考え、自社だけではなくベンチャー企業、大学、研究機関に加えて、アイデアを持つ個人も含む幅広い外部との戦略的な連携を行うオープンイノベーションの窓口として、2016年に東京の赤坂に開設した「HondaイノベーションラボTokyo」を活用していく。

さらに、R&DセンターXは技術的なアドバイザーとしてAI開発のレジェンドの1人であるエドワード・ファイゲンバウム氏(スタンフォード大学 名誉教授)と富山和彦氏(経営共創基盤)が参画する。

■HondaイノベーションラボTokyo
http://www.honda.co.jp/RandD/HIL-TK/

株式会社カービュー

最終更新:3/2(木) 18:23
carview!