ここから本文です

ランドローバーヴェラール世界初公開

3/2(木) 18:00配信

carview!

ランドローバーは2日、レンジローバーブランドの新型車「ヴェラール(Valar)」を2016年11月にオープンしたロンドンのデザインミュージアムで世界初公開した。

【動画付きで見る】

ミュージアムをワールドプレミアの場に選んだのは、初代レンジローバーもデビュー時にパリのルーブル美術館で披露されたことに倣ったため。この演出にはヴェラールがレンジローバーの血統を受け継ぐモデルであることと、ミュージアムに展示されるにふさわしいデザイン性を持つことをアピールする狙いがある。

ヴェラールは、レンジローバーブランドのなかで「イヴォーク」と「スポーツ」の間を埋める位置づけとなる。あらゆる場所で道を選ばないクルマづくりの伝統と、先端技術の両方をうたう。

プラットフォームは、ジャガー・ランドローバーの軽量アルミプラットフォームを採用。ドライビングパフォーマンスに優れ、安全かつ強靭で環境にやさしい性能が追求されている。サスペンションは4輪独立懸架式で優れた乗り心地が図られている。

エクステリアは、ランドローバー史上もっともスレンダーとうたわれるボディに、最先端のマトリックスレーザーLEDヘッドライトを組み合わせている。

インテリアには10インチの大型タッチスクリーンを備え、そこからあらゆる装備の操作が可能。また先進のインフォテインメントシステムがオーナーのことを学習し、優秀な執事のごとく様々なニーズに合う提案を行ってくれるという。シート地にはプレミアム感があり、かつ再生可能なテキスタイルを採用。あえてレザーではなく新素材を採用するあたりに感度の高いユーザーをターゲットとしていることがうかがえる。

パワートレインは、デビュー時には2リッターディーゼルターボ(180ps)から3リッターガソリンスーパーチャージドエンジン(380ps)まで5種類が用意される。また2017年後半には3リッターV6ガソリン(300ps)の追加も予定されている。

発売は2017年夏より各市場で順次開始される予定。英国での車両価格は4万4830ポンド(約630万円/1ポンド140円換算)から設定される。

株式会社カービュー

最終更新:3/2(木) 18:33
carview!