ここから本文です

小池知事定例会見3月3日(全文1)婚活イベント“TOKYO縁結日2017”を開催

3/3(金) 17:00配信

THE PAGE

 東京都の小池百合子知事が3日午後2時から定例会見を行った。

 先月末より、築地市場の敷地が有機溶剤で汚染されている可能性があると報じられている。2日の都議会では、築地市場の安全性を確認する質問に対し、小池知事は、地面がコンクリートやアスファルトで覆われており、人体に影響はないなどと答弁した。豊洲市場移転問題では、知事の定例会見の1時間後に石原慎太郎元知事が会見を行うほか、今月中に専門家会議が開かれ、豊洲市場の地下水再調査の結果が報告される予定。

【中継録画】小池都知事が午後2時から定例会見

キャップ&トレード制度、CO2削減の取り組みついて

小池:こんにちは。よろしくお願いします。

産経新聞:これより小池知事の定例記者会見を始めます。それでは知事、お願いします。

小池:はい、こんにちは。今日はまず3つ、3点、私からご報告がございます。まず環境絡みで2つございます。キャップ&トレード制度を東京都では進めているわけでありますけれども、これは大規模なオフィスビルなどに対してCO2の削減を義務付けるという制度であります。で、平成27年度からは第2期計画に入るということでございます。その1年目の実績が結果となってまとまりましたので、お知らせをするということであります。

 総CO2の排出量が1227万トンでありまして、これは基準年度と比べますとマイナス26%という大幅な削減となりました。対象となります建物の延べ床面積、こちらのほうが増えている、それも前年度で40万平米増えているということにもかかわらず、排出量が1%、16万トン削減しているということであります。一言で言えばかなり省エネの設備が増えてきたということだと思います。

 この数字でありますけれども、都庁舎の全体、これ、第一、第二、両方、そして議会棟も含めてでありますけれども、ここ全体の年間CO2排出量の7倍に相当するということでございます。かなり省エネが進んだというご報告であります。先ほど申し上げましたようにLEDの照明であるとか、空調が高効率になっているといったようなこと、事業者の皆さんがそれぞれ積極的に取り組んでいただいた成果かと思われます。ご協力に感謝したいと思います。

 それから第2期から新たに導入した低炭素な電力や熱、これを選んで使用した場合にはCO2の削減分とみなすというような仕組みがございますけれども、これについては119にわたる事業所が活用しているということであります。これもそれぞれの事業者の皆さんが積極的に環境対策、省エネ対策に取り組んでいただいた結果かと思います。ということでこのCO2削減の取り組み、特に優れたトップレベルの事業所、表彰しようということで今年度は20事業所、認定をしたところであります。

 LED照明、全館に導入するとか、窓へ大規模な薄型太陽光パネルを設置するなどなど、先導的な技術を駆使して、その成果を上げたところにはよく頑張りましたということで表彰をしたいということであります。そして今後、認定書を交付する準備を進めておりますので、できれば私から直接お渡しする機会を設けていきたいと思っております。このようにキャップ&トレード制度のほか、中小規模の事業者、それから家庭の省エネ支援などを進めてまいりまして、私が目指しておりますスマートシティの実現に一歩進めてまいりたいということでございます。これが1点目であります。

1/2ページ

最終更新:3/9(木) 23:03
THE PAGE