ここから本文です

酒井宏樹が指摘するフランスのアジア人選手へ対する敬意の欠如「スシをよく耳にする」

GOAL 3/3(金) 12:08配信

マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹は一部サポーターの偏見にも対応しつつ、フランスに馴染み始めているようだ。フランス『Europe sports』が伝えた。

酒井は昨夏、ハノーファーからマルセイユへ加入すると、たちまち無くてはならない選手へと成長。1日に行われたクープ・ドゥ・フランスでのモナコ戦でも一時は同点となるアシストを記録している。

マルセイユで一定の地位を確立した酒井だが、それでも時に笑いを誘うような“野次”が飛んでいることも認めた。

「ここではそういったことはよくありますよね。最初は“スシ”でした。よくこの言葉を耳にします」

さらに、フランスでは必ずしもアジア人選手に敬意が払われていないことも認めた酒井。しかし、そういった偏見が正しくないことを酒井は証明しつつあり、現在フランスで最も成功を収めた日本人選手となっていることは間違いないだろう。

GOAL

最終更新:3/3(金) 12:08

GOAL

Yahoo!ニュースからのお知らせ