ここから本文です

櫻井翔の熱愛でクローズアップ…ジャニタレ最新結婚事情

日刊ゲンダイDIGITAL 3/3(金) 9:26配信

 嵐の桜井翔(35)とテレ朝の小川彩佳アナ(32)の熱愛は結婚へまっしぐらかと報じられている。ジャニーズのタレントは“結婚ご法度”ともっぱらだったが、最近はTOKIOの国分太一(42)が結婚を発表するなど、タレントの意識もかなり変わってきているようだ。

■V6坂本が独身を貫くワケは?

「ジャニー(喜多川)さんは、結婚するなと言っているわけじゃないんです。『適齢期になったら、すりゃあいいよ』と繰り返しているくらい。さすがにSexy Zoneなど若手グループが結婚したいと言ったら、『ユー、まだ早いよ』となるでしょうけどね。ただし、『その代わりね』と、ジャニーさんは言うのです。『結婚したら、キャーはないよ』って。売り方を変えるし、女性ファンから黄色い歓声を浴びることはなくなるだろうけれど、それでいいのか? とそう念を押すんですね」(ジャニーズに詳しいライター)

 国分も、結婚や離婚を発表した山口達也(45)も、そうした条件をのんだのだという。いずれも、いい大人だけに、キャーキャー言われなくてもいいと判断したのだろう。

 だが、「キャーはないよ」のプレッシャーで、結婚に二の足を踏んだり、結婚を諦めてしまうタレントもいるのだろうか。「いっぱいいますよ」と前出のライターがこう明かす。

「たとえばV6の坂本昌行。もう45歳ですが、『キャー』がなくなるのを恐れて、独身を続けているのは有名な話です。彼の現在のメーンの仕事はミュージカル俳優なのですが、2週間の興行をやるとして、ファンの女性たちがたくさん来ることで、もっていると言っても過言ではない。その多くは女性のひとり客なんです。全員が坂本との疑似恋愛を楽しんでいるわけじゃないにしろ、坂本が結婚となれば、劇場通いをやめてしまう可能性もある。彼にとってキャーは文字通り飯のたねで、それがなくなるのは、死活問題になりかねないんです。それで、結婚秒読みとまで言われながら、破局した相手は何人もいます。元モー娘の中澤裕子とか、ですね」

 ジャニーズの男性タレントにとって、女性ファンという踏み絵は限りなく重たいのだ。

最終更新:3/3(金) 9:26

日刊ゲンダイDIGITAL

Yahoo!ニュースからのお知らせ