ここから本文です

高橋優 現代のSNS社会を題材にして作られた新曲「ロードムービー」MVを公開

3/3(金) 17:15配信

エキサイトミュージック

現在、4月1日(土)2日(日)の自身初となる横浜アリーナ2DAYS公演を含む、全国ホール&アリーナツアー『2016-2017「来し方行く末」』を開催中のシンガーソングライター高橋優。彼が4月12日にリリースする新曲「ロードムービー」のミュージックビデオ(ショートバージョン)が公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この「ロードムービー」は、4月15日(土)から全国東宝系で公開される、クレヨンしんちゃん25周年記念作品 『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』の主題歌として高橋が書き下ろした作品で、すでにYoutubeでは、野原しんのすけ主演の「ロードムービー」クレヨンしんちゃんコラボMVが公開されていたが、今回のMVは高橋が出演しており、昨年『MTV VMAJ 2016』最優秀邦楽男性アーティストビデオ賞を受賞した「光の破片」を手掛けた山口保幸監督と再びタッグを組んで制作された作品。楽曲のテーマでもある“つながり”について、現代のSNS社会を題材にして作られたMVとなっている。

山口監督は「SNSの発達により、ツイッターのアイコンだけで知っている人や、見ず知らずの人同士がオンラインでゲームを楽しんだり、人と人の繋がり方が大きく変わりました。その無数に繋がるラインが現代の道であり、そこに繰り広げられる人間模様が今の『ロードムービー』なのではないかという想いでMVを構想しました」とコメント。このMVのフルバージョンは、シングルの期間生産限定盤特典DVDに収録され、メイキング映像も見ることができる。

そして、シングル『ロードムービー』の全3パターンのジャケット写真とアーティスト写真も公開。今回は、曲中の歌詞に<繋がっているよ この空の下 繋がっているよ おんなじ星を>とあるように、星空の下にいる高橋が印象的なアートワークに。さらに、クレヨンしんちゃん盤のジャケットはしんちゃんが高橋優に扮して、星空の下にいるコラボジャケットとなっており、通常のCDよりも大きな7インチサイズで楽しむことができる。

そんな新曲「ロードムービー」のフルサイズが3月4日、自身がレギュラー出演しているニッポン放送『オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん』(23:30~)でラジオ初OAされるなることも決定。

また、本日3月3日からiTunes Storeにて「ロードムービー」のプレオーダー(予約注文)受付がスタート。iTunes Storeで「ロードムービー」をダウンロードすると、iTunesでしか入手できないスペシャル映像『「ロードムービー」独占インタビュー(特典映像)』が付属する(楽曲「ロードムービー」、スペシャル映像のダウンロードは3月24日~)。なお「ロードムービー」はCD発売に先駆けて3月24日から各音楽配信サイトで配信開始となる。