ここから本文です

石原慎太郎氏、豊洲混迷責任は「小池さんにある」と糾弾

デイリースポーツ 3/3(金) 15:38配信

 東京都の、築地市場から豊洲市場への移転をめぐる問題で、移転を決定した当時の都知事だった石原慎太郎氏(84)が3日、都内で会見を行い、現在の混迷状態を小池百合子都知事(64)の責任だとして、厳しく糾弾した。

 会見出席前には「果たし合いに行くような心境」と語っていた石原氏。冒頭で「20日に百条委員会の出席を求められているが、とても待てない。座して死を待つつもりはない」と、会見に臨んだ理由を説明した。

 石原氏はさらに「行政の責任は2種類あって、作為に対する責任と、不作為に対する責任。つまりするべき事をしなかった責任、これをあえて小池都知事に問いたい」と、小池知事を糾弾した。

 豊洲市場への移転自体は「最高責任者として承諾して裁可した。行政の責任というのは、裁可した最高責任者にある、これは私は認める」と自らの責任にも言及。それでも「しかし、やるべきことをやらず、築地で働いている人を生殺しにして、ランニングコスト、補償もべらぼうなお金がかかる。この混迷の責任は、小池さんにあると思っている」と、移転問題が滞り続けている事態の責任はあくまで小池知事にあると主張した。

 その上で、専門家から豊洲の土壌汚染について意見を求めたことも明かし、市場開場には問題がないとの立場を改めて主張。「何で早く移さないのか。移転をすべきだと思うし、しないなら告発すべきだ。小池知事はなすべき事をしていない」と批判を続けた。

 また、移転を決定した経緯については、あくまで自身には専門的な知見がなく、専門部局の判断を総合した結果であることを強調。地下空間に盛り土をしていなかったことに関しては「私には何も記憶がありません」と従来の主張を繰り返した。

 石原氏は2001年、都知事として、築地から豊洲への移転に大きく関わった。その後、豊洲市場の建設予定地の土壌汚染や、東京ガスからの用地買収の経緯が不透明とされるなどの問題が噴出。昨年10月には、小池知事が移転の経緯について質問状を送ったが、石原氏は「記憶にない」などと回答していた

 石原氏はこれまで「逃げているとか、隠れているとかの屈辱を晴らしたい」として、会見を開く意向を示していた。また、20日には、都議会の百条委員会での証人喚問を控えている。

最終更新:3/3(金) 15:50

デイリースポーツ

Yahoo!ニュースからのお知らせ