ここから本文です

レンジローバー・スポーツとイヴォークの間に位置する新型レンジローバー・ヴェラールがワールドプレミア

3/3(金) 17:42配信

オートックワン

4番目のレンジローバーファミリー、新型レンジローバー ヴェラールが登場

英ジャガー・ランドローバーは現地時間の3月1日、英国 ロンドンにあるデザイン・ミュージアムにて新型「RANGE ROVER VELAR(レンジローバー ヴェラール)」をワールドプレミアした。

ランドローバー 新型レンジローバー・ヴェラール(画像57枚)

新型レンジローバー ヴェラールは、レンジローバーファミリーであるレンジローバー イヴォークとレンジローバー スポーツの中間に位置するモデル。

ボディーサイズは、全長4803×全幅2145×全高1665mmで、ホイールベースは2874mm。プラットフォームには、ジャガー・ランドローバーの軽量アルミプラットフォームが採用されている。

エクステリアは、ランドローバー史上もっともスレンダーなボディに、フルマトリックス・レーザーLEDヘッドライト、デプロイアブル・ドアハンドル、バーニッシュトコッパー色のフロントバンパー・ブレードとフェンダーベント等が採用されている。足まわりには高性能な4輪独立懸架式サスペンション・システムを搭載し、快適性とコントロール性能、洗練性を他に類を見ない高いレベルで実現したという。

シートには持続可能な新素材を採用

インテリアには、あらゆる装備の操作が可能な10インチの大型タッチスクリーンを用いたインフォテインメントシステム「Touch Pro Duo」を備える。

また、シートには、レザーの代わりに持続可能な新素材の高級テキスタイルを採用。スエードクロス・インサートがあしらわれたダップルグレーの素材は、欧州の大手高級デザイン・テキスタイル・メーカーであるKvadrat(クヴァドラ)社と共同開発したものになっている。

2017年夏より各市場で順次開始予定

新型レンジローバー ヴェラールに搭載されるパワートレインは、デビュー時では最高出力180psの2Lのインジニウムディーゼルエンジンや、最高出力380psの3L V6スーパーチャージドガソリンエンジンを含む5種類がラインナップされ、その後、2017年後半には、最高出力300psのインジニウムガソリンエンジンも追加予定。

新型レンジローバー ヴェラールの生産は、英ミッドランド州にあるソリハル工場でのみで行われ、発売は2017年夏より各市場で順次開始予定。英国での販売価格は4万4830ポンド(約630万円/1ポンド140円換算)。日本での導入時期やラインアップ、価格等の詳細には決定次第発表される。

最終更新:3/3(金) 17:42
オートックワン