ここから本文です

“守備崩壊中”のケルンに朗報 リオ五輪ドイツ代表GKの実戦復帰が迫る

3/3(金) 12:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

公式戦4試合連続失点中のケルン

今季のブンデスリーガ第22節終了時点で7位につけているケルン。来季のヨーロッパリーグやチャンピオンズリーグ出場権獲得の可能性を残している同クラブだが、直近の公式戦4試合連続未勝利と不調に陥っている。こうした状況のなか、同クラブに朗報が舞い込んだ。

昨年11月に半月板を損傷して戦線離脱中のGKティモ・ホルンが順調な回復を見せ、現在はGKコーチとともに特別メニューをこなしていると、独『Kicker』が伝えている。また、同クラブを率いるペーター・シュテーガー監督は同メディアを通じ、同選手の復帰時期について言及した。

「どんな選手でも、一刻も早く実戦復帰を果たしたいと願うものさ。ただ、あえてリスクを冒すことに意味はないと思っている。もう1週間ほど様子を見ながら、最善の決断を下していくよ」

直近の公式戦4試合で8失点と、守備に綻びが生じ始めているケルン。同リーグ第22節ライプツィヒ戦ではGKトーマス・ケスラーのキックミスが失点に繋がるなど、GKのフィードの精度にも難がある状況だ。左足から放たれる正確なフィードやシュートストップに定評があり、リオデジャネイロ五輪でドイツ代表のゴールマウスを預かるまでに成長したホルンの復帰時期が、同クラブの命運を握ると言っても過言ではないだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合