ここから本文です

得点王争いができるのは大迫がいるから 17得点決めている相棒は「彼は僕にとって最高の選手」と感謝

3/3(金) 17:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

2人のコンビネーション冴える

今季もブンデスリーガが開幕する前には、バイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキとドルトムントFWピエール・エメリク・オバメヤンの2人が得点王争いを展開すると予想されていた。実際2人は現在19得点で並んでおり、予想通りのデッドヒートになっている。

セスクにリベリ、ムヒタリアン ”プレイタイム1000分未満”の選手によるチャンスメイク数ランキング!

しかし、そこに割って入ろうとしているのがケルンFWアントニー・モデストだ。まさかモデストがここまで2人に喰らいつくとは想像していなかったが、モデストは17得点を挙げて2人を追いかけている。チームの実力などを考えるとレヴァンドフスキかオバメヤンのどちらかが得点王になるだろうが、モデストにも可能性が残っていないわけではない。

独『Express』によると、モデスト自身も得点数には満足感を示している。モデストは「僕はシーズンが始まる前に15点以上決めようと考えていたから、それは達成されたね」と目標をクリアしたことをアピールしている。そしてそれを助けてきたのが相棒の日本代表FW大迫勇也だ。モデストは大迫について「僕にとっては最高の選手さ。これは監督も言っている。よく話すし、一緒に寿司も食べに行く。それが楽しいんだ」と相棒への感謝を口にしている。

大迫は2月のシャルケ戦でもモデストの得点をアシストしており、同メディアもモデストが大迫の恩恵を受けていると伝えている。モデストが得点王争いに絡むことができている理由の1つに大迫の存在が挙げられるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/