ここから本文です

戦時中、兵士たちに夢をみせた元アイドル。97歳「まっちゃん」に話を聞いた

3/4(土) 6:00配信

BuzzFeed Japan

この3月で97歳になった明日待子さんは、元アイドルだ。かつて東京・新宿にあった劇場「ムーラン・ルージュ」で、多くのファンを虜にした彼女を、人々はこう呼んだ。「まっちゃん」と。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

【写真】虐げられた女性たちのコラージュ作品が美しい

日本が戦争に突き進んだ激動の時代、アイドルとして生きた一人の女性。お元気でいられると聞き、取材を申し込んだ。

会ったのは、浅草の喫茶店だった。

真っ白なスーツにショートのボブヘア。もうすぐ白寿を迎えるとは思えない、可憐なオーラをまとっている。

耳は少し遠く、補聴器が必要だ。それでも語り口はしっかりとしていて、言葉にも覇気がある。そしてなにより、笑顔がとても、かわいらしい。

「アイドルをしていた時は、本当、楽しかったですよ」

ガムシロップを少し混ぜたレモンスカッシュを、美味しそうに飲みながら。明日さんは、ぽつり、ぽつりと話を始めた。

アイドルを生んだ新宿の劇場「ムーラン・ルージュ」

明日さんは1920(大正9)年、いまの岩手県の釜石市出身だ。

鉄工所の役員のもとに生まれ、幼いころから日本舞踊などの芸事を学んでいた。将来は東京に出て、女優になりたいと思っていたそうだ。

時代はちょうど、映画がトーキーに変わったころ。知り合いのつてを辿って東京にいた姉とともに松竹の蒲田撮影所を訪れたが、まだ小さいからと断られた。

代わりに、と誘い話があったのが、新宿の劇団「ムーラン・ルージュ」への入団だった。のちに、アイドル「明日待子」を生むことになる場所だ。

「ムーラン・ルージュ」は当時、一世を風靡した劇場だった。

1931(昭和6)年に創設。きらびやかなアイドルたちが、舞台で踊りや劇、唄などを披露していた。地方巡業もしていたという。

客層は、主に学生だった。「新宿は学生の街でしたから」。そう語る明日さんによると、なかでも早慶や明治、立教大生が多かったそうだ。

「早慶戦がある日は、どっちを応援するんだなんて聞かれて、大変でしたね」

毎日夕暮れになると、チャイムの音とともに、劇場の割引時間が始まった。アイドルの虜になった学生、会社員、さらには女学生や軍人まで。多くの人たちが列をなす姿は、「東京新宿名物」のひとつだった。

指折りの脚本家たちが集まった舞台は、人気を博した。なかでも目玉だったのが「ムー哲」(ムーラン哲学)。大学総長の格好をしたアイドルたちが、「哲学」の授業をするという内容だ。

明日さんの自伝に、当時の脚本が残っている。

“諸君、私はムー哲博士である。
ただいまより、ムーラン哲学講座を開講する。
諸君は今日、飯を食べてきたかな。
飯はまだだが、パンなら食べた。
次に、空気は十分に吸ってきたかね。
何、東京の空気は汚いので、たくさん吸うのはやめにした。
ばかな、今、世界において汚ければ汚いほど多量に吸うことが、
地球人の義務ということである“

1/4ページ

最終更新:3/4(土) 15:56
BuzzFeed Japan