ここから本文です

「飛鳥II」次の世界一周はリーズナブル? 20年前並みの価格、他社との比較は…

3/4(土) 11:01配信

乗りものニュース

「飛鳥II」2018年の世界一周クルーズ発表

 郵船クルーズは2017年2月22日(水)、2018年に「飛鳥II」(5万142総トン、乗客定員800人)が実施する世界一周クルーズの概要を発表しました。

【写真】「飛鳥II」2018年世界一周クルーズの航路図

 通常のショートクルーズでは1泊5万円近い料金であるのに対し、この世界一周クルーズ(102日間)は、早期割引で申し込めば330万円で乗船できるというもので、1泊換算で3万円程度になり、大方の予想を大きく下回る料金設定になりました。

 しかも3年ぶりにスエズ運河を経由、初めての寄港地も8港含まれるといった新味のあるコース設定で、「4月の申し込み受付開始以降、そう遅くないあいだに完売となる可能性もある」(旅行会社)と、早くも話題を呼んでいます。

 コースは、2018年3月25日に横浜、26日に神戸を発ち、シンガポール、オマーン(サラーラ)などを経由してスエズ運河、地中海に向かいます。ギリシャ(ミコノス)やイタリア(チビタベッキア、ローマの外港)など地中海沿岸諸港を訪れ、ポルトガル(リスボン)を経てオランダ(アムステルダム)やイギリス(ロサイス)など、欧州だけでも10か国を訪問します。

 さらにカナダ(ハリファックス)、アメリカのボストン、ニューヨークやボルチモア(ワシントン)に寄港したあと、中南米諸国を巡りつつパナマ運河を通過し、ハワイ(ホノルル)を経て7月4日に横浜、5日に神戸に帰港するという日程。全部で26港に寄港し、そのうち8港が初寄港といいます。

値段設定は20年前水準?

「飛鳥II」が2018年に臨む予定の世界一周クルーズは、いわば北半球を網羅するようなコースですが、それ以上に話題を呼んだのがその価格設定です。

 現在発表されているのはフルクルーズの料金だけですが、前述のように2017年6月30日(金)までに乗船料金を全額支払えば早期割引が適用され、その価格は330万円(Kステート、ふたり部屋1人料金)から2100万円という設定です。またこの料金には、外国船では別に徴取されることが多い港湾使用料やチップなども含まれており、より割安感があります。

 先代「飛鳥」が1996(平成8)年に実施した最初の世界一周は、96日間で300万円だったので、「日数を考えれば、その当時と同等あるいはそれ以下の価格水準」(旅行会社)となります。

 これは世界各国のクルーズ会社が発表済みの、2018年に実施される世界一周クルーズと比べても、同等ないし格安といえそうです。

1/2ページ