ここから本文です

“子どもが世界一幸せな国”オランダは「お母さん」も幸せだった

3/4(土) 21:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

ー 筆者の岡徳之氏はコンテンツ制作会社「Livit」の代表。現在はオランダを拠点に、欧州・アジア各国をまわりながらLivitの運営とコンテンツの企画制作を行う。

【詳しい図表、画像付の記事はコチラから】

国際NGOの「セーブ・ザ・チルドレン」によれば、母親のQOL(生活の質)と子どものそれとの間には相関関係があるという。

「母親の健康や教育、また経済的・政治的機会を与えられているかどうかが、子どもたちの命と生活の質に密接に関わる」のだそうだ。

筆者は今、”子どもが世界一幸せな国”オランダで暮らしている。ユニセフが2013年に公表した「子どもの幸福度調査」で、オランダは首位だった。

だとすれば、オランダの「母親」たちはきっと幸せなはず ーー 。そんな仮説から、オランダ人女性へのインタビューやさまざまな調査に基づき、同国の母親像を探ることにした。

「すべてを楽しみたい」オランダ人女性

「わたしも子どもの幸せと母親の幸せには相関関係があると思います」。インタビューに応えてくれたのは、地方行政で働くジェシカさん(39歳)。6歳と7歳になる子どもがいる。

「母親は、そして父親も、子どもたちにとってのお手本です。そのお手本が幸せでなくて、どうやって子どもたちは『幸せ』について学ぶことができるでしょうか」

実際、ジェシカさんの日常は充実している。ある日は、夫が仕事で、娘(6歳)と2人で昼はカフェとアイススケート、夜はパンケーキのディナーに出かけた。

またある日は、子どもを夫にまかせて友人とスパなどウェルネス施設に出かけたり、友人に預けて夫と2人だけの一泊旅行。子どもの寝かしつけや食事の心配をせず、夫婦の時間を過ごしたという。

「子育てもしたいし、幸せな結婚もしたいし、友人にも会いたいし、いい仕事もしたい。とにかく、すべてを楽しみたい。それが、『オランダ人女性』なんです」

オランダの女性は、自分たちの「やりたい」に正直なようだ。その思いは夫に対しても同じ。「夫もまた、友人と過ごしたり、1人の時間を持つことが大切だと思っています」

1/3ページ