ここから本文です

AKB48渡辺麻友、主演ドラマで“平成の阿部定”役に 「刺激的な夜をお届けしたい」

3/4(土) 5:00配信

クランクイン!

 AKB48の渡辺麻友が、企画・原作を秋元康が務めるコメディドラマ『サヨナラ、きりたんぽ』で主演を務めることがわかった。「阿部定事件」で知られる阿部定をほうふつさせる役柄に挑む渡辺は「毎週日曜深夜、皆様に刺激的な夜をお届けしたいと思います!!」と意気込みを語っている。

【関連】「渡辺麻友」フォトギャラリー


 本作は、AKB48グループメンバーが各話で主演を務めた『AKBラブナイト 恋工場』(2016年4月~9月)の主演女優バトルで、渡辺が第1位に輝いたことから製作されたドラマ。渡辺扮する不器用な愛を貫く主人公・桐山さおりが、出会ったサイテー男たちを成敗していく姿が、コメディタッチで描かれる。

 渡辺が演じるさおりは、1936年に起こった“阿部定事件”で、交際相手の男性の下腹部を切断したことで知られる阿部定のように、純愛を貫くがゆえに男性の下腹部を切断してしまうというショッキングでセンセーショナルなヒロイン役。渡辺は「お話をいただいた時は驚きました。あの衝撃的な事件、阿部定事件がドラマ化?私が平成の阿部定?!今まで演じた事のない役柄です!」とコメント。

 また「私自身も大きな挑戦となります。純愛を求め過ぎたが故に行き着く果て。毎週日曜深夜、皆様に刺激的な夜をお届けしたいと思います!!」と意気込みを語っている。阿部定事件は、仲居・阿部定が交際相手を殺害し、その下腹部を切断したこの衝撃的な事件。のちに数々の小説や映画の題材になり、人々の興味を引きつけてきた。

 前代未聞のショッキング痛快純愛コメディードラマ『サヨナラ、きりたんぽ』は、テレビ朝日にて4月より毎週日曜24時40分から放送(関東地区、及び一部地域で放送)。