ここから本文です

菅田将暉、『左江内氏』最終回で鬼嫁・円子を窮地に追い込む!話題のEDダンスも披露

3/4(土) 6:00配信

クランクイン!

 現在放送中のテレビドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』(日本テレビ系/毎週土曜21時)の最終回に、俳優の菅田将暉がゲストとして出演することが発表された。菅田は「いい意味で左江内氏の世界を壊せていたらいいなと思っています」と語っている。

【関連】「菅田将暉」フォトギャラリー


 『スーパーサラリーマン左江内氏』は藤子・F・不二雄による漫画『中年サラリーマン左江内氏』の実写ドラマ化作品。劇中では、地味な中年サラリーマンの左江内英雄(堤真一)が、強大な力をもたらすスーパースーツを着て正義の味方となり、様々なもめ事を解決していく姿が描かれる。

 最終話では、左江内の妻・鬼嫁の円子(小泉今日子)が最大のピンチに陥るが、菅田が演じるのは、円子を窮地に追い込む張本人。「実は、24歳になってはじめての作品になるんですけど、本当に楽しかったです。皆が自由な福田組において、1番大変なのはゲストです。いい意味で左江内氏の世界を壊せていたらいいなと思っています」と振り返った菅田は、「そして、踊りました(笑)」とエンディングでダンスに挑戦したことも明かしている。

 菅田の出演を受けて、主演の堤は「まさか出てくれるとは思わなかった。うれしかったですね~」と喜びのコメント。小泉も「(ゲストで出演するときいて)ヤッター!って思いましたよ」と話している。菅田のダンスにも要注目の最終回は、3月18日21時より放送。