ここから本文です

学生1895人、就活に熱気 金沢で合同会社説明会

3/4(土) 2:50配信

北國新聞社

 来年春に卒業予定の大学生らを対象にした北陸最大級の合同会社説明会「マイナビ就職EXPO北陸会場」(北國新聞社共催)は3日、金沢市の石川県産業展示館4号館で始まった。企業の採用意欲の強まりと「短期決戦」の就活に臨む学生のため、初の2日間開催となり、学生1895人が138社の企業ブースを回って各社の特色に理解を深めた。

 出展企業の各ブースでは、担当者が学生に採用スケジュールを念入りに伝えた。上市町出身の福井工大の男子学生(21)は「企業説明会が重なってスケジュール管理が大変だ」と話した。

 マイナビ北信越総支社の島田健志総支社長によると、特に人手不足が際立つ土木や建築、流通、小売、ホテル、旅館の各業界で採用意欲が強く、人材確保に力を入れている。

 一方、学生側は選考活動が解禁される6月までに就活を有利に進めようとする積極的な学生と、学生優位の売り手市場を見込んで、のんびりしている学生がいるという。

 4日は建築、土木業界約30社がブースを並べ、同業界を志望する学生向けの就職セミナーも開催される。

北國新聞社

最終更新:3/4(土) 2:50
北國新聞社