ここから本文です

「ごっつぁんゴールかも知れないけど…」 浦和FW興梠が“そこ”にいる理由

3/4(土) 18:10配信

ゲキサカ

[3.4 J1第2節 浦和3-1C大阪 埼玉]

 主導権を握った前半。浦和レッズはきっちりと2点を奪い、試合の流れを完全につかんだ。そして、その2得点に絡んだのがFW興梠慎三だった。

 まずは前半22分、最終ラインのDF遠藤航がボールを持つと、「航からのパスコースがあって、ボールが出てくると思った」と遠藤からパスを呼び込む。そして、「同じラインに武藤(雄樹)がいるのが分かった」とスルーを選択すると、後方にポジションを取っていた武藤がボールを受けて相手マーカーを振り切り、右足のシュートでネットを揺らした。

 さらに前半37分には高い位置でボールを奪った武藤がPA内のFWラファエル・シルバにパスを通すと、興梠はファーサイドにポジションを取る。「ラファはシュートがうまいので、GKが弾くのを狙っていた」。R・シルバのシュートはGK丹野研太に弾かれるも、興梠がきっちりと押し込んでリードを2点差に広げた。

「ごっつぁんゴールかも知れないし、ただ詰めただけかも知れない。けど、DFとの駆け引きもあったし、そこを狙うのがFWだと思う」

 ACLでは2連勝を収めながらも、ゼロックス杯鹿島戦(●2-3)、J1開幕節横浜FM戦(●2-3)を落としていたこともあり、「ACLで良い試合をしてもJリーグで結果がでなくてもどかしかった」と語る。3-1で勝利を収めて今季リーグ初白星を獲得して白い歯を見せつつも、「ACLとJリーグ、両方のタイトルを獲るためにキャンプからやってきている。これからです」と気を引き締め直した。

最終更新:3/4(土) 18:10
ゲキサカ

Yahoo!ニュースからのお知らせ