ここから本文です

台湾の「悲惨指数」世界60位 低い失業率が経済の安定牽引

3/5(日) 13:04配信

中央社フォーカス台湾

(台北 5日 中央社)米通信社ブルームバーグが3日に発表した2017年版の「悲惨指数」で、台湾は世界65カ国・地域中、60位になったことが分かった。低い失業率が経済的な安定をもたらしたとしている。

同指数はインフレ率と失業率から算出された数値で、上位ほど経済や国民生活が困窮していることを示す。1位は南米ベネズエラだった。一方、最下位はタイ。日本はスイスと並んで62位。

前年50位だった台湾は10位順位を下げる“躍進”。世界で6番目に経済面で安定しているとされた。

(編集:齊藤啓介)