ここから本文です

<速報>侍Jが小久保監督の代打采配的中でオリックスに逆転勝利!

3/5(日) 22:00配信

THE PAGE

 WBCでV奪回を目指す侍ジャパンは5日、大阪の京セラドームで強化試合の最終戦としてオリックスと対戦、5-3で逆転勝利した。小久保監督は大幅に打順を変更、鈴木(広島)の3ランで、一度はゲームをひっくり返し、同点に追いつかれたが、9回に代打・秋山(西武)が勝ち越しの2点タイムリー三塁打を放って5-3で逆転勝利した。小久保監督の采配がズバリとはまった。課題はあるが、チームは勢いをつけて7日のキューバとの開幕戦(東京ラウンド)を迎えることになった。

 小久保監督の決断だった。
「(最後の打線を)動かすタイミングかな」
 試合前のベンチ、指揮官は、静かに言った。
 短期決戦で調子の上がらない選手の復調を待っている時間はない。不振の坂本(巨人)を6番に下げて、凱旋帰国して、存在感を示した青木(アストロズ)を3番に起用。バットの振れている田中(広島)を結果の出ていない松田(ソフトバンク)に替えて「8番・三塁」で使った。 
 
 先発の藤浪が「力勝負しようとしたら力みすぎました」と、立ち上がりに制球が安定せず、足を絡められ、自らのバント処理ミスなどもあって2点を失ったが、チームは二回が始まる前にベンチ前で円陣。この回、先発の金子から代わったオリックスの近藤に対して、先頭の中田が一、二塁間を破って出塁すると、打順の下がった坂本が左中間に二塁打を放った。無死二、三塁として鈴木(広島)がレフトスタンドへ逆転3ラン。「つなぐ意識で打席に入りました。上手く打つことができたと思います」とは、試合中に回ってきた鈴木のコメント。ベンチでは笑顔のハイタッチで小久保監督が迎えた。

 侍ジャパンは、最終調整のため投手は小刻みに継投したが、4回に3番手の岡田がつかまる。一死から小谷野に左中間二塁打を打たれ、二死としてから若月に同点タイムリーをセンター前へ打たれた。

 なんとか最後の調整を白星で飾りたい日本だが、3回以降は6回まで一人の走者も出せない。7回一死から、ようやく3番手の澤田を攻めて、坂本がレフト前ヒット。鈴木が四球を選び、一死一、二塁とチャンスを広げたが、田中が三振。二死となって、とっておきの代打・内川(ソフトバンク)を打席へ。狙いはよかったがライトフライに倒れ、走者を返すことはできなかった。

 9回、オリックスの新外国人、ウエストから途中出場の平田(中日)が中前打で出塁、無死一塁の勝ち越し機を作った。オリックスの好守もあって二死となったが、鈴木が四球を選び、一、二塁にすると小久保監督は、田中に代えて、代打・秋山(西武)に勝負をかけた。秋山は、ライト線へ勝ち越しの2点タイムリー三塁打。9回裏を秋吉(ヤクルト)が抑えて5-3でゲームセット。

 本番に向けてチームに勢いのつく勝ち方だったが、新打線は機能したとは言えず、初回につかんだ無死一塁の初球に菊池(広島)がバントを失敗、キャッチャーファウルフライで得点圏へ送れないなど、日本らしい小技を生かせなかった部分も気になった。国際試合では1点を争う守備的な試合になるのが常。この日、調整登板した投手陣に大きな不安がなかったことだけは収穫だが、いくつかの課題を残したまま侍ジャパンは、WBC本番に突入することになった。                   (観客=2万8414人)

最終更新:3/5(日) 22:17
THE PAGE