ここから本文です

CL出場権争う直接対決…リヴァプールがホームでアーセナルを撃破!/プレミアリーグ第27節

GOAL 3/5(日) 4:42配信

4日、プレミアリーグ第27節が行われ、リヴァプールはホームのアンフィールドでアーセナルと対戦した。

チャンピオンズリーグ出場権獲得に向けて、直接のライバルである両者の勝ち点差はわずかに「1」。ともに負けられない一戦だが、アーセナルはメスト・エジルがインフルエンザにより欠場を余儀なくされ、ミッドウィークのバイエルン戦を見越してなのかアレクシス・サンチェスもベンチからのスタートとなった。

そんなアーセナルを尻目に、リヴァプールは立ち上がりから自分たちの得意なスタイルを展開。ハイプレスでアーセナルのパスミスを誘い、奪ってから素早く縦に仕掛けていく。すると迎えた9分、右サイドで受けたサディオ・マネのシュート性のクロスを、中央のフェリペ・コウチーニョがスルー。ファーサイドでフリーとなっていたロベルト・フィルミーノが押し込み攻勢のリヴァプールが先制した。

これで勢いに乗るリヴァプールはその後もアーセナルを圧倒。エジルとサンチェスを欠くアーセナルは攻め手がなく、トップのオリヴィエ・ジルーにもなかなかボールが収まらない。39分には、左サイドから崩してフィルミーノのラストパスがペナルティーエリア内右でフリーのマネに渡り、リヴァプールが追加点を挙げた。

2点ビハインドのアーセナルは後半頭からサンチェスを投入。その効果は早くも表れ、57分に1点差に詰め寄る。カウンターからサンチェスのスルーパスにダニー・ウェルベックが抜け出し、飛び出したGKシモン・ミニョレと交錯しながらも技ありのチップキックを沈めた。

これで勢いづいたアーセナルは72分、ルーカス・ペレスとテオ・ウォルコットを同時に投入する思い切った交代策で同点弾を狙う。一方、リヴァプールは前半ほどのプレス強度を保つことができず、1点取って息を吹き返したアーセナルにペースを握られてしまう。

苦しいリヴァプールは80分、コウチーニョを下げてディヴォック・オリジを投入。よりカウンター狙いを明確にする。攻めるアーセナルだが、守備に人数を割くリヴァプールに対し、思うように決定機を作ることができない。83分には逆にセットプレーからオリジにポスト直撃のヘディングを放たれるなど、リヴァプールが試合を決めるチャンスがあった。

首の皮一枚で助かったアーセナルはサンチェスの個人技やジルーの高さを起点に攻め込むが、追加点が遠い。すると終了間際、カウンターからジョルジョニオ・ワイナルドゥムに決められ万事休す。リヴァプールが3-1でチャンピオンズリーグ出場権を争うアーセナルとの直接対決を制し、順位を逆転させた。

■試合結果

リヴァプール 3-1 アーセナル

■得点者

リヴァプール:フィルミーノ(9分)、マネ(40分)、ワイナルドゥム(90+2分)

アーセナル:ウェルベック(57分)

GOAL

最終更新:3/5(日) 4:43

GOAL