ここから本文です

百戦錬磨カンナバーロもお手上げ 「ピッチを歩いているだけで恐怖した」とまで言わせた“怪物FW“とは!?

3/5(日) 11:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

全盛期の凄さは異常

かつてユヴェントスやレアル・マドリードで活躍した元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロは、世界を代表するセンターバックだ。DFとしては小柄な選手だったが、1対1の強さや読みの鋭さは異常なレベルにあった。

セスクにリベリ、ムヒタリアン ”プレイタイム1000分未満”の選手によるチャンスメイク数ランキング!

そのカンナバーロですら恐怖を覚えたFWがいたという。それはチームメイトでもあった元祖怪物FWロナウドだ。英『Squawka』によると、カンナバーロはロナウドと対峙した際に恐怖を感じていたようで、自身の世代を代表する選手とはリスペクトしている。

「ロナウドはいつも僕を恐怖させる選手だったよ。彼らは僕たちの世代の選手であり、怪物だよ。彼と初めて対戦したのは1998ワールドカップの前のイタリア代表とブラジル代表の親善試合だね。ただ同じピッチを歩いているだけで恐怖に襲われたよ」

ロナウドは味方になれば心強い選手だが、相手チームの選手ならばこれほど厄介な存在はいない。DFにとってロナウドとのマッチアップは地獄のような時間だろう。百戦錬磨のカンナバーロですら恐怖を感じたあたりに、元祖怪物の凄さが表れていると言えよう。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合