ここから本文です

キューバ撃破の西武・辻監督が侍ジャパンにアドバイス「走れると思います」

3/5(日) 16:28配信

Full-Count

3盗塁など機動力を使ってキューバに完封勝ち

 西武は5日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンドで日本と初戦を戦うキューバと強化試合を行い、5-0で完封勝利を収めた。機動力を絡めながらチームを勝利へ導いた西武の辻発彦監督は、7日にキューバ代表と初戦を戦う侍ジャパンに「走れると思います」と足を使った攻めを勧めた。

 この日、キューバは10投手でつなぐ小刻み継投。投手の特長を掴むには1人当たりの登板が短すぎたが、それでも辻監督は「1球2球見れば走れるかは分かる」と足を絡めた攻撃を展開した。2回に田代が二盗して先制点につながる送球エラーを誘発すると、4回には金子侑が二盗した後に生還。5回には、得点にこそ結びつかなかったが、ドラ3源田が二盗を決めた。

 2006年の第1回WBCでは日本代表の内野守備・走塁コーチを務めた辻監督は、試合後に「キューバを攻略するカギは足か?」と質問されると「はい、走れると思います」と断言。さらに「(西武も)もっともっと走れたんですけど、(対戦が)初めてで勇気が出ない選手もいた」と、3盗塁以上記録できた可能性についても触れた。

 キューバ代表の印象について「以前と比べると脅威は感じなかった」と、やや肩すかしを受けた様子。「1番(サントス)と9番(セスペデス)はとにかく足がある。ピッチャーは豪腕でもないし、変化球でストライクを取れる投手もいる。あまり考え過ぎずに、本能のままタイミングがあったら打つつもりでいった方がいいと思う」と、独自のスカウティングリポートを伝えた。
 
 WBCの舞台を知る辻監督の言葉は、侍ジャパンにとって貴重なアドバイスとなりそうだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:3/5(日) 16:39
Full-Count

スポーツナビ 野球情報