ここから本文です

予期せぬ長期離脱……ジュビロ磐田DF高橋祥平、古巣アルディージャ戦を前に戦線離脱

3/5(日) 21:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

4~6週間ほどチームを離れる

ジュビロ磐田は5日、新加入DF高橋祥平が2月28日のトレーニング中に負傷したと発表した。

クラブの公式サイトによると浜松市内の医療機関での検査の結果、左大腿二頭筋肉離れと診断され、4~6週間程度チームを離れる。ジュビロ磐田は、第3節に敵地で大宮アルディージャと対戦し、高橋祥平にとっては古巣クラブとの対戦となる予定だったが、予期せぬ長期離脱となった。

現在25歳の高橋は東京ヴェルディの下部組織出身。2009年にトップチームデビューを果たし、その後は大宮アルディージャを経て2015年にヴィッセル神戸に加入した。そして今シーズンから「名波監督からいただいた言葉に惚れ込んで」ジュビロ磐田へ移籍。守備の要として活躍が期待されたが、負傷によりチームを離れることになった。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報