ここから本文です

ナポリとの上位対決に敗れたローマ 完敗を認める指揮官「ボールを奪い返すことも困難だった」

3/5(日) 23:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ナポリの方がボールを素早く回すのがうまかった

現在リーグ戦で2位につけているローマは4日、セリエA第27節で3位ナポリをホームへ迎え入れた。試合は、前後半に1点ずつ奪われたローマ。終了間際になんとか1点返すも1-2で敗れ、公式戦2連敗を喫した。

試合後、ローマの指揮官を務めるルチアーノ・スパレッティ監督が伊『MEDIASET PREMIUM』のインタビューでナポリを次のように振り返っている。

「彼らの方が我々よりボールを素早く回すのがうまかった。だから、我々はテンポを上げたり、正しいポジションを取ったりするのが非常に苦しかったよ。ボールを奪い返すことも困難だったね。後半はなんとか改善したが、試合全体を通してみるとアンラッキーな場面も多々あった。疲労は言い訳にならないよ」

上位対決に敗れ、ナポリとの勝ち点差が再び2ポイントに縮まったローマ。5日の結果次第では、首位を独走するユヴェントスとの差が10ポイントに広がる可能性がある。はたして、このままセリエAはユヴェントスが前人未到の6連覇を成し遂げてしまうのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1