ここから本文です

侍・藤浪、初回に“自滅”で2失点 「力勝負をしようとして力み過ぎました」

3/5(日) 20:22配信

Full-Count

2回2失点で降板、2イニング目は3者凡退「本番では2回のような投球を」

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は5日、「アサヒスーパードライ プレゼンツ 侍ジャパン強化試合」でオリックス(京セラドーム)と対戦。先発の藤浪晋太郎投手(阪神)は2回2安打2失点(自責0)2四球で降板した。

WBC2017 各国代表メンバー一覧

 初回に先頭の西野に四球。二盗を許すと、2番・安達のバントを一塁に悪送球。自らのミスで先制点を献上した。安達にも二盗され、レフトへのタイムリーで2失点目。さらに、ロメロのヒット、小谷野の四球などでピンチを広げたが、伊藤はニゴロ併殺打で2失点で切り抜けた。

 しかし、2回に鈴木の3ランで逆転してもらうと、2回は若月を中飛、駿太を二ゴロ、西野を中飛と3者凡退。初回は自滅したが、2回は立て直した。

 降板後には「初回は久しぶりに力勝負をしようとしたら力み過ぎました。本番では今日の2回のような力を抜いたピッチングがしっかりとできればと思います」とコメントした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:3/5(日) 20:22
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/18(金) 14:15