ここから本文です

青木の円陣から始まった侍Jの逆転劇 小久保監督「存在の大きさを感じた」

3/5(日) 23:41配信

Full-Count

先制点を奪われた直後、ベテランがベンチで掛けた一声とは…

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は5日、「アサヒスーパードライ プレゼンツ 侍ジャパン強化試合」でオリックス(京セラドーム)と対戦。土壇場の9回に代打・秋山翔吾外野手(西武)が決勝の2点三塁打を放ち、5-3で勝利した。

WBC2017 各国代表メンバー一覧

 初回に先発の藤浪晋太郎投手(阪神)が乱れ、四球と盗塁、自らの失策で無安打のまま1点を献上。さらに、無死二塁からの2連打で1点を追加され、2点先制を許した。本番前の強化試合5戦のうち4試合で敵に先制されている侍ジャパン。小久保裕紀監督は「また今日もかっていう雰囲気が実際あった」と、ベンチ内の様子を振り返った。

 そんなネガティブを吹き飛ばしたのが、チーム最年長の青木宣親外野手(アストロズ)だった。先制点を許した直後、2回表が始まる前に、WBC2大会の出場経験を持つ青木がベンチ内で選手を呼び集めたという。

「青木が選手を集めてね、『こんな試合もあるから。あと8回あるから』って(言ってくれた)。彼自ら選手を集めて、そんな話をしてくれた」

 その直後の攻撃で打線が奮起。先頭の中田翔内野手(日本ハム)が右前打、坂本勇人内野手(巨人)が左中間二塁打で無死二、三塁とすると、続く鈴木誠也外野手(広島)が左翼席へ試合をひっくり返す3ランを叩き込んだ。

 ベテランの一言に息を吹き返した打線。過去のWBC大会はもちろんだが、メジャーではワールドシリーズの大舞台を踏んだ経験も持つ青木の機転に、指揮官は「彼の存在の大きさを、今日感じました」と感服するしかなかった。

 青木自身はベンチ内での出来事には触れず、「初回に2点を取られて、ちょっと嫌なムードになったけど、次の回にひっくり返すことができたし、ピッチャーもその後頑張ってくれた。いい勝ち方だと思います」と、何事もなかったかのようにチームの勝利を喜んだ。

 今までとは違った緊張とプレッシャーの中で戦うWBC。若き侍ジャパンにとって、青木の経験と存在は計り知れないものになりそうだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:3/5(日) 23:41
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/18(金) 3:10