ここから本文です

20年の軌跡を堪能、ゆずのドームツアー

3/5(日) 10:12配信

Lmaga.jp

北川悠仁と岩沢厚治によるフォークデュオ・ゆずが、4月26日に3枚組・50曲からなるオールタイムベストアルバム『YUZU 20th Anniversary ALL TIME BEST ALBUM ゆずイロハ1997-2017』をリリース。5月からは、それを携えた自身初の4大ドームツアーを開催。関西では5月27日・28日に「京セラドーム大阪」(大阪市西区)で公演をおこなう。

地元である横浜の松坂屋前でおこなっていた路上ライブがクチコミで話題を呼び、1997年にメジャーデビュー。1stシングル「夏色」の大ヒットで一躍、国民的人気者となった彼ら。「夏色」「サヨナラバス」「少年」「栄光の架橋」といったヒット曲の印象から、いまだに「ゆず=爽やか」というイメージだけで語られがちだが、その膨大な楽曲群を聴いて改めて驚かされるのが、アッパーなロックチューンから憂いをおびたバラードまで、実は多彩な楽曲のシンプルで親しみやすいがゆえに嚼めば嚼むほど味が出る、滋味深さだ。それゆえ彼らは移り変わりの激しい音楽シーンの第一線で、若い女性はもとより老若男女から揺るぎない支持を集めてきた。

昨夏には、かねてより切望していたシンガポール、香港、台湾をまわる、初のアジアツアー『YUZU ASIA TOUR 2016 Summer NATSUIRO』を敢行。同年11月には、東京ドーム公演でファン10万人とともに20周年記念イヤーの幕開けを祝った彼ら。そのクライマックスとなる今回のツアーは、常に初心を忘れず、自分たちの音楽を真摯に届けようとしてきた彼らの軌跡が堪能できるライブとなることは間違いない。一緒に歌ってコール&レスポンスで盛り上がれる、ゆずワールドを数々のヒット曲とともに噛みしめて。チケットは4月8日に発売される。

文/井口啓子

最終更新:3/5(日) 9:00
Lmaga.jp