ここから本文です

ランボルギーニがやった! ニュルで最速タイム

3/5(日) 12:30配信

carview!

ランボルギーニ ウラカンがニュルのタイムアタックで頂点に立った。ウラカン ペルフォルマンテ(Perfomante)が記録を達成したようだ。発表によるとタイムは6分52秒01。ポルシェ918スパイダーが2013年に叩き出した6分57秒を上回り、市販スポーツカー最速の座を手にしたことになる。

【動画付きで見る】

ウラカン ペルフォルマンテは、ジュネーブショーでデビュー予定のウラカンの最新モデル。車両の詳細はまだ明らかになっていないが、かなりの性能の持ち主であるのは確か。でなければ総合性能が求められる1周20.6kmのコースで世界の頂点に立つことは敵わないからだ。

ランボルギーニは近年ニュルのタイムアタックに力を入れており、アヴェンタドールSVの6分59秒(2015年)やウラカンLP-610-4の7分28秒(2016年)を達成。いずれも優れたタイムだったが、その“上”がいた。918スパイダーだ。

ニュルのタイムアタックといえばポルシェやGT-Rの挑戦が話題に上がることが多かったが、ランボルギーニはその陰で「やってやるぞ!」と闘志を燃やしていたに違いない。その情熱がいよいよ結果に結びついたというわけだ。

開幕が数日後に迫ったジュネーブショー。ランボルギーニの“本気”が詰まったウラカン ペルフォルマンテのデビューが楽しみだ。

株式会社カービュー

最終更新:3/5(日) 12:30
carview!