ここから本文です

ヤフー小澤氏が語る「Yahoo!ショッピング2017年の戦略」と「2016年の振り返り」

3/6(月) 9:01配信

ネットショップ担当者フォーラム

ヤフー執行役員でショッピングカンパニー長の小澤隆生氏は「eコマース革命」第二章の幕開けを宣言。「お得革命」と銘打ち、ユーザーの「Yahoo!ショッピング」利用を加速させる。2017年に実施する店舗向け、消費者向けの施策は? 小澤氏が掲げる方針は? 2016年の実績を踏まえながら、2017年の「Yahoo!ショッピング」の戦略を探ってみる。

 

成長が加速した2016年と4つの施策

2016年の重点施策として掲げた4施策「ロイヤルカスタマーの醸成(リピート施策)」「集客の大幅増(集客)」「販促企画の拡大(販促施策)」「お客様からの信頼(信頼性)」は、2017年も継続する。

2016年4~12月期(第3四半期)累計のショッピング事業取扱高(「Yahoo!ショッピング」と「LOHACO」の合算数値)は3417億円(前年同期比28.7%増)。ショッピング商品数は3年で3倍増の2.5億点、ストア数は16倍の48万1000店まで広がった。

3月3日に開催した「Yahoo!ショッピング Best Store Awards2016」で2016年の通信簿を公表、小澤氏は次のように評価した。

・ロイヤルカスタマーの醸成(リピート施策) → ◎
・集客の大幅増(集客) → △
・販促企画の拡大(販促施策) → △
・お客様からの信頼(信頼性) → △

こうしたことを踏まえ、2017年もこの4施策を踏襲すると小澤氏は説明した。

 

2017年の戦略と2016年の振り返り

□ (1) ロイヤルカスタマーの醸成

2016年、集中的に実施したのがターゲットを絞ったポイント施策。「ソフトバンク契約者」「Yahoo!プレミアム会員」「Tポイント会員」「Yahoo!JAPANカード会員」といったヤフーグループ向けのポイント付与施策だ。

たとえば、1000万人以上を抱える「Yahoo!プレミアム」会員に向けたポイント施策では、「Yahoo!ショッピング」で商品購入すると“いつでもポイント5倍”を付与する施策を実施。こうした取り組みの成果について、小澤氏は次のように語る。

“>>>
グループ会員向けの施策がなかなかうまくいった。全員にお得施策をやるといくらお金があっても足りない。ヤフーにとって大事なお客さまに対し、重点的に特典を付与した。
<<<”

1/4ページ