ここから本文です

稚内でケーキ2400個誤発注…でも2時間で完売 常連の支えと従業員に感謝 人口3万5千人、最北の市で

withnews 3/7(火) 7:00配信

 ひなまつりの3月3日、日本最北端に位置する北海道稚内市(人口約3万5千人)のスーパーにケーキ2400個が届きました。240個頼んだつもりが、担当者のミスで10倍の量を注文していたのです。急きょ半額にしてツイッターで呼びかけたところ、わずか2時間で完売。いったい何が起こったのでしょうか? お店の営業部長に話を聞きました。

【画像】当日朝に届いたケーキの山はこちら。プラスチックケースが山積みに。ケーキ全6種類も見られます

240個のつもりが…

 誤発注があったのは、稚内駅前にあるスーパー「相沢食料百貨店」。ひなまつりに合わせた商品として、ケーキ240個を注文したはずでした。

 ところが当日朝、店に届いたのは予定の10倍にあたる2400個。発注端末で入力する際、単位が「個」ではなく「ケース」になっていることを失念し、ケーキ6種類をそれぞれ「40」と入力。40個×6で240個頼んだつもりが、40ケース×6の2400個注文が入っていたのです。

 「商品が届いてびっくりしました。賞味期限は3月5日だったので、食べ物を無駄にしないためにも1個100円で売ることにしました」と話すのは営業部長の福間敏彦さん。

ツイッターで拡散

 「本日広告の品の【不二家のケーキバイキング】ですが、240個発注したつもりが2400個来てしまいました..........ネタではなく、本気で売り切れないので助けていただけないでしょうか! 半額の100円(税込)です!賞味期限は3月5日まです!」

 「ちなみに、チョコバナナ・チョコレート・マンゴー・マロン・スフレチーズ・苺ショートの6種類です! 今、10個入アソートパックを必死で詰めてます!!! よかったら、ご家族で!お友達と!会社で!ひなまつりパーティしませんか!!」

 誤発注のため100円で販売することをツイッターで告知すると、一気に拡散。「稚内近くの方は、ぜひヘルプを!」といった応援の声が広がる一方で、「稚内行ける人なんて限られすぎてる」「さすがにTwitterにも出来ることと出来ないことがあるんじゃないかな……」といったコメントも寄せられました。

1/2ページ

最終更新:3/7(火) 7:00

withnews

Yahoo!ニュースからのお知らせ