ここから本文です

高嶋ちさ子と軽部真一の『めざクラ』、7月に夏フェス開催決定

3/6(月) 18:33配信

MusicVoice

 ヴァイオリニストの高嶋ちさ子と、フジテレビアナウンサーの軽部真一による人気企画「めざましクラシックス」が『ブルボン Presents 20th Anniversary めざましクラシックス サマーフェスティバル 2017』と題し、7月27日から池袋・東京芸術劇場コンサートホールで大規模なクラシック・フェスティバルを開催する。

 このイベントは「クラシックをもっと身近に気軽に楽しんでもらいたい」というコンセプトのもと、1997年に銀座・王子ホールで始まった『めざましクラシックス』の20周年を記念したもの。4日間・5公演の開催となる。ボーカルゲストには、小田和正、岸谷香、藤井フミヤ、山崎育三郎、器楽奏者ゲストとして沖仁、押尾コータロー、徳永二男、三浦文彰らの参加も発表となった。

 さらに、過去の『めざましクラシックス』に出演した所縁の深いアーティストを迎えたアルバム『めざましクラシックスwithフレンズ~ベスト・ヴォーカリスト~』の発売も決定した。これは過去のめざましクラシックスで歌唱された、アーティストの代表曲を中心に、ボーカルと弦楽アンサンブル、ピアノの新録作品。これまでのインストゥルメンタル(歌の無い器楽演奏)の5作品とは違い、ボーカルが参加した内容となっている。

 高嶋と軽部は「素晴らしいアーティストの皆様に参加して頂いております!本当はどの方にも参加して頂きたかったのですが、今回は特に親しくしていただいている10組に参加してもらいました。全ての名曲がストリングスとピアノのみのめざクラ版で構成されており、今までリリースしたアルバムの中では、群を抜いて名作、自信作です。20年間本当にありがとうございますという思いと、偉大なボーカリストの方々にリスペクトの思いも込めたアルバムを発売いたします」とコメントを寄せている。

最終更新:3/6(月) 18:33
MusicVoice