ここから本文です

森友学園問題でMr.サンデー登場の男性に話題騒然

3/6(月) 13:23配信

AbemaTIMES

 3月5日に放送された『Mr.サンデー』(フジテレビ系)に、国有地払い下げ問題で話題となっている森友学園の入学説明会から追い出されたという男性が登場した。男性はメモを取っていたところ、外に出るよう言われたのだという。男性の周囲には大勢の報道陣が寄ってきて取材攻勢にあっていた。

 この男性が、京都の劇団「劇団笑いの内閣」主宰者である「笑の内閣上皇」氏であることが明らかになった。これを受けネットでは、同氏をマスコミのスパイだとする意見が出た。また、同劇団は『ツレがネトウヨになりまして』という芝居を韓国で上演するためのクラウドファンディングを実施中。そのため、劇団が左側の政治思想を持っている(ツイッターでは「パヨク」と書かれた)と捉える人も出ているようだ。

 笑の内閣上皇氏は、『Mr.サンデー』に登場したのが自分自身であることを認めたうえで、実際自分には就学前の子供がいることを明かし、自分自身の意思で説明会に行ったと述べた。よって、「スパイ」や「潜入」「やらせ」ではないということだ。

 韓国公演を実現するには150万円の資金が必要だが、笑の内閣上皇氏が説明会のレポートをクラウドファンディングの支援者限定で公開したところ、10万円増えて774000円になった。同氏は「森友学園の入学説明会に行って来たってレポート書いただけで、クラウドファンディングが10万円以上増えたんで、ジャーナリストとして生きていこうと思います」とツイートした。

 その後、同氏は「前編」に続き、「後編」も公開。4月12日のクラウドファンディング終了まで約40日で、達成率は50%を超えている。支援は1000円から50万円までのコースが多数用意されている。

最終更新:3/6(月) 13:26
AbemaTIMES