ここから本文です

ブリヂストン、2017年のモータースポーツ活動発表「情熱と感動を足元から支える」

3/6(月) 16:22配信

motorsport.com 日本版

 3月6日、ブリヂストンは都内で2017年のモータースポーツ活動計画を発表した。会場には、スーパーGT GT500クラスに参戦するLEXUS TEAM SARDの平手晃平、TEAM IMPULの安田裕信が登壇し、今シーズンの抱負を語った。

【写真】週末は鈴鹿サーキットのファン感謝デーに参加するなど、大忙しの平手と安田。

 ブリヂストンは、トップカテゴリーから参加型のモータースポーツまで、多くのチーム・ドライバー・ライダーを支援していくことを発表。モータースポーツ活動を通じて「より良いタイヤづくり」を追求し、「楽しいクルマ、バイク会社づくり」に取り組み、モータースポーツの情熱と感動を足元から支えるとしている。

 国内では、スーパーGTのGT500クラスのLEXUS陣営5チーム、ニッサン陣営1チーム、ホンダ陣営3チームにタイヤを供給する。

 ブリヂストンタイヤの供給を受けるチームに所属する平手(SARD)と安田(IMPUL)が、この日行われた体制発表会、トークショーが行われた。

 昨シーズンのチャンピオンであるLEXUS TEAM SARDの平手は、イベントに引っ張りだこで身体を作り込む時間がないとしながらも「今年はタイヤが発揮するメカニカルグリップがより重要になってきます。テストも順調に来てまして、タイヤとしてもメーカーとしても2年ぶりにチャンピオンを取り返したので、今年連覇してなんぼだと思ってます。クルマの調子もいいし、チームの雰囲気もいいので、ブリヂストンさんと一緒に連覇したい」と、連覇への気合いは十分。

 同じくブリヂストンタイヤを履くTEAM IMPULの安田は、新チームメイトであるヤン・マーデンボローを迎え、心機一転チャンピオンを目指す。彼は「今年組むチームメイトはF3とかで経験あって速いドライバーなんですけど、GT500の難しさもあると思う。でもクルマも新車に変わるし、タイヤも調子いいから絶対行けると思います。攻めている開発をしてくれているブリヂストンさんの努力に報いたい」と語った。

「本当にチャンピオンが手に届きそうで届かないんで、結果でチャンピオン獲るしかないと思っています。星野一義監督含め、TEAM IMPUL初のチャンピオンを今年はなんとか獲りたいと思っています。頑張ります」

 またGT300クラスのLMcorsa RC F GT3、K2 R&D LEON RACINGを含め、4チームにタイヤを供給する。2輪においても、全日本レース/鈴鹿8時間耐久にタイヤを供給。海外では新たに、欧州を中心に展開される2輪耐久レースであるFIM世界耐久選手権(EWC)に参戦するチームへの供給を開始する。北米では、インディカーにファイアストン(Firestone)としてワンメイクタイヤの供給を行う。

 参加型モータースポーツとしては、TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceやロードスター・パーティーレース3、ジムカーナなどを通じて「走る楽しさ」を提供していくそうだ。また、「POTENZA」タイヤの開発の地でもある、ニュルブルクリンク24時間レースに参戦する車両にも引き続きタイヤを供給する。

 また、今年はオーストラリア大陸南北3,000kmを縦断するソーラーカーレース、Bridgestone World Solar Challenge(10月8日~15日)に挑戦する若きエンジニアたちを、環境技術でサポートしていくという。