ここから本文です

首位バイエルンが快勝、ドルトは6発大勝…長谷部が日本人出場記録更新/ブンデス第23節

3/6(月) 11:13配信

SOCCER KING

 ブンデスリーガ第23節が3日から5日にかけて各地で行われた。

 首位バイエルンは敵地でFW大迫勇也が所属するケルンと対戦。25分にMFハビ・マルティネスのゴールで先制すると、後半にはDFフアン・ベルナトとMFフランク・リベリーにも得点が生まれ、3-0で完封勝利を収めた。大迫はフル出場を果たしている。

 バイエルンと勝ち点差「5」の2位ライプツィヒは敵地でFW宇佐美貴史が所属するアウクスブルクと対戦。前半と後半に両チーム1点ずつを奪ったが、どちらも譲らず2-2のドローに終わった。宇佐美はベンチ入りを果たしたが、出場機会はなかった。

 MF香川真司が所属する3位のドルトムントはレヴァークーゼンをホームに迎えた。前半からドルトムントがゴールを重ね、FWピエール・エメリク・オーバメヤンの2得点などで6-2と大勝。香川は73分から4試合連続の途中出場を果たした。

今節は日本人対決も実現し、DF酒井高徳所属のハンブルガーSVとMF原口元気所属のヘルタ・ベルリンが対戦。後半に生まれた決勝点でホームのハンブルガーSVが1-0で勝利を収めた。ベンチスタートとなった酒井は73分から途中出場、先発出場した原口は84分までプレーした。

 また、フランクフルトに所属するMF長谷部誠はフライブルク戦でブンデスリーガ通算235試合目の出場を果たし、奥寺康彦氏の持っていた日本人最多出場記録を31年ぶりに更新。なお、試合はフランクフルトが1-2で敗れた。マインツに所属するFW武藤嘉紀はヴォルフスブルク戦に先発出場し、67分までプレーした。

 その他の結果は以下のとおり。

■ブンデスリーガ第23節結果
アウクスブルク 2-2 ライプツィヒ
ドルトムント 6-2 レヴァークーゼン
マインツ 1-1 ヴォルフスブルク
ケルン 0-3 バイエルン
ブレーメン 2-0 ダルムシュタット
ホッフェンハイム 5-2 インゴルシュタット
ボルシアMG 4-2 シャルケ
フランクフルト 1-2 フライブルク
ハンブルガーSV 1-0 ヘルタ・ベルリン

■ブンデスリーガ第23節順位
1位 バイエルン(勝ち点56)
2位 ライプツィヒ(勝ち点49)
3位 ドルトムント(勝ち点43)
4位 ホッフェンハイム(勝ち点41)
==========CL==========
5位 ヘルタ・ベルリン(勝ち点37)
6位 フランクフルト(勝ち点35)
==========EL==========
7位 ケルン(勝ち点33)
8位 フライブルク(勝ち点33)
9位 ボルシアMG(勝ち点32)
10位 レヴァークーゼン(勝ち点30)
11位 マインツ(勝ち点29)
12位 アウクスブルク(勝ち点28)
13位 シャルケ(勝ち点27)
14位 ブレーメン(勝ち点25)
15位 ヴォルフスブルク(勝ち点23)
========入れ替え戦========
16位 ハンブルガーSV(勝ち点23)
==========降格=========
17位 インゴルシュタット(勝ち点18)
18位 ダルムシュタット(勝ち点12)

SOCCER KING

最終更新:3/6(月) 11:13
SOCCER KING