ここから本文です

ぶっとびすぎの観光PRアクションゲーム『宇治市 宇治茶と源氏物語のまち』。どうも様子がおかしいと話題に……/京都

3/6(月) 11:22配信

Webマガジン コロカル

コロカルニュースvol.2019

■どうも様子がおかしい!? 観光PRアクションゲーム

京都の宇治市といえば、宇治茶に世界遺産の〈平等院鳳凰堂〉など、さまざまな名物・名所があるところ。そんな宇治をPRする市公式のコンテンツが公開! されたのですが……、どうも様子がおかしいと話題になっています。

【写真で見る】突き抜けた世界観。ファミコンテイストがなんとも懐かしい!ですが……

公開されたのは、宇治市が開発中の観光アクションゲーム『宇治市 宇治茶と源氏物語のまち』のプレイ動画。ファミリーコンピュータ時代の、昔なつかしい2D横スクロールアクションゲームです。舞台は平安時代。美しい宇治市がナゾの大魔王にのっとられてしまったので、プレイヤーは平安貴族になって、さらわれた姫(ご当地キャラ)と宇治市を救うというストーリー。

実際の宇治市に存在する名所旧跡をめぐり、宇治市ゆかりのキャラクター達とともに“宇治のカケラ”を集めるというものですが、たけのこに当たるとダメージを食らう、食パンを取ると体力回復、宇治茶を破壊するなど、意味不明な世界観がツッコミどころ満載です。

ゲームとして公開するかどうかは未定ですが、人気ゲーム実況主によるプレイ動画が公開されているので、ぜひチェックしてみてください。「テレビゲームを遊んでいる友達を、後ろから眺めるような気持ちでご覧ください」とのこと。

また宇治市では、非売品の特製クリアファイルを抽選で30名様にプレゼント。表面にゲーム内にも登場する、宇治市ゆかりのキャラクターや名所旧跡が散りばめられ、裏面には“なんとか努力すれば”観光マップとして活用可能な宇治市ワールドマップも掲載されています。

希望者は、メールで宇治市秘書広報課宛て(obokoho@city.uji.kyoto.jp)に、メールタイトルを【宇治市クリアファイル希望】として、本文に【郵便番号/住所/お名前/電話番号/動画を見た感想】を添えてご応募ください。応募の締め切りは2017年3月31日(金)までです。

information
観光アクションゲーム『宇治市 宇治茶と源氏物語のまち』
Web:宇治市公式 YouTube チャンネル『宇治市ちはや茶んねる』


writer profile
Akiko Saito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。