ここから本文です

元日本代表FW田代有三、オーストラリア2部に移籍…監督も「大きな戦力となる」と好評価

GOAL 3/7(火) 11:05配信

オーストラリア2部のウーロンゴン・ウルヴズは7日、元日本代表FW田代有三が加入すると発表した。

田代は鹿島アントラーズやセレッソ大阪などに所属し、J1通算で175試合48得点、J2で73試合17得点、J3で1試合出場を記録している。また、2008年には日本代表として3試合に出場した。

ウーロンゴン・ウルヴズのジェイコブ・ティンパーノ監督は、「(田代)有三の加入は、私たちの目標達成に向けて大きな戦力となるだろう。彼は実績のあるストライカーであり、(ウーロンゴン・ウルヴズFC所属の)パトリック・アンテルミ、ジョシュ・マクドナルド、ニコ・ベルナルらとともに、相手守備陣にとって脅威になるだろう」と高く評価している。

田代はクラブを通じ「これまで素晴らしいキャリアを過ごしてきて、次の挑戦先を探していました。オーストラリアでプレーしたことはありませんが、この国や人々が素晴らしいと聞いていたので、自分自身でそれを体験したいと思いました。ウーロンゴンのスタッフやチームメイトはとても親切で、フレンドリーに接してくれています。ここでベストを尽くしたいと思います」とコメントしている。

田代のデビューは最速で、11日に行われるリーグ戦のパラマタFC戦となる。

GOAL

最終更新:3/7(火) 11:05

GOAL

Yahoo!ニュースからのお知らせ