ここから本文です

ジーン・シモンズ、初のソロ・ツアー開催

3/7(火) 12:03配信

BARKS

キッスのジーン・シモンズが今年、キャリア初となるソロ公演を開く。

シモンズは、<Wizard World Comin Con>の開催に合わせ、全米5都市――セントルイス(4月8~9日)、フィラデルフィア(6月2~3日)、シカゴ(8月26~27日)、オースティン(11月17~18日)でパフォーマンスするそうだ。ファンとのフォト・セッション、サイン会、Q&Aセッションも予定しているという。

◆ジーン・シモンズ画像

それに先駆け、先週木曜日(3月2日)、カナダにある会社が開いたプライベート・パーティーでウォーミングアップを兼ねたライブを行ったそうだ。メイキャップなしのシモンズをフロントに、Phil Shouse(G)、Ryan Cook(G)、Jeremy Ashbrock(G/B)Jarred Pope(Ds)がバックアップしたという。

Setlist.fmによると、以下の15曲をプレイしたそうだ。

Deuce (キッス)
Radioactive
I Love It Loud (キッス)
Christine Sixteen (キッス)
Treat Her Right (ロイ・ヘッド・カヴァー)
Cold Gin (キッス)
Calling Dr. Love (キッス)
Don't Let Go (アン・ヴォーグ・カヴァー)
Money (ピンク・フロイド・カヴァー)
Parasite (キッス)
634-5789 (ウィルソン・ピケット・カヴァー)
タイトル不明
War Machine (キッス)
Nothin' to Lose (キッス)
Let Me Go, Rock 'N' Roll (キッス)
Rock N Roll All Nite (キッス)

ギタリストの1人、Phil Shouseはこのライブ映像をFacebookで公開している。

シモンズはこの公演前、CantoneRep.comにこう話していた。「俺にとっては初めてだ。キッスから離れ、ソロ・ツアーをやったことはない。こんなこと初めてだ」「素晴らしい連中がいる。マジなロック野郎たちだ。彼らが俺とステージに上がる。俺らはヒットをプレイし楽しむぜ」

Ako Suzuki

最終更新:3/7(火) 12:03
BARKS