ここから本文です

マカオの建設コストの高さは世界5位、アジア2位=アジアトップは香港

3/7(火) 10:00配信

マカオ新聞

 オランダの建設コンサルタント会社、アルカディスが3月6日付で発表した世界44都市を対象とした建設コストの調査レポート「インターナショナル・コンストラクション・コスト2017」によれば、マカオが前年に続き世界5位、アジア2位の高コスト都市となった。

 世界ランク1位は前年に続きニューヨーク、2位は前年から1ランク上昇の香港で、基準となる英国の平均コストと比較して香港がおよそ6~8割高、マカオが3~5割程度高いとされた。

 なお、世界ランクでトップ10に入ったのは香港とマカオのみ。香港、マカオに続くアジア主要都市については、ドーハが11位(1ランク上昇)、シンガポールが15位(5ランク下落)、東京が17位(2ランク上昇)、ドバイが19位(1ランク下落)、ソウルが21位(1ランク下落)の順だった。

 面積(約30平方キロ)、人口(約65万人)ともに他の都市と比較して小さいマカオだが、近年、大規模インフラ整備プロジェクトと大型カジノIR(統合型リゾート)開発が同時並行で進められている。

最終更新:3/7(火) 10:00
マカオ新聞