ここから本文です

「S-TRAIN」一番列車プラン発売 元町・中華街や西武秩父などでイベントも

3/7(火) 6:30配信

乗りものニュース

各社キャラが一番列車をお見送り

 西武鉄道と東京メトロ、東急電鉄、横浜高速鉄道は2017年3月6日(月)、有料座席指定列車「S-TRAIN」のデビューにあわせ、出発式や到着歓迎イベントを運行開始の3月25日(土)に開催すると発表。また、「S-TRAIN」の一番列車に乗車できるツアーを発売しました。

【画像】4社にまたがる「S-TRAIN」の運転経路

「S-TRAIN」は西武鉄道の新型40000系電車を使用。平日は所沢~豊洲間、土休日は西武秩父、飯能、所沢~元町・中華街間で運転されます。

 元町・中華街駅(横浜市中区)では、25日午前6時45分から、一番列車「S-TRAIN 1号」の出発式が開催されます。西武鉄道の西武秩父駅管区長、東京メトロの池袋駅務管区長、東急電鉄の横浜駅長、横浜高速鉄道のみなとみらい駅長、そして鉄道好きとして知られるタレント、木村裕子さんが出席する予定です。テープカットや木村さんらによる出発合図、西武鉄道の「レイルくん」や東京メトロの「駅乃みちか」、東急電鉄の「のるるん」らキャラクターによる見送りなどが行われます。

 西武秩父駅(埼玉県秩父市)では「1号」の到着にあわせ午前9時15分から到着歓迎イベントを開催。西武秩父駅管区長と木村さんのトークセッションなどが予定されています。飯能駅(埼玉県飯能市)では「2号」の出発にあわせ午前8時50分から出発式が開かれる予定です。また、西武秩父行き「1号」と元町・中華街行き「2号」の乗客には、限定記念グッズがプレゼントされます。

一番列車乗車プランは、前泊有無を選択可

「S-TRAIN」の一番列車に乗車できるツアーも発売されます。当日、元町・中華街から西武秩父まで全区間乗車するプランは3980円(子供同額)。横浜市内のホテルに前泊するプランは1万1800円~1万2800円です(大人・子供同額)。「S-TRAIN 1号」指定券と弁当、そして40000系の車体と同じアルミ素材を使用した記念メダルが付きます(乗車券は別途、各自負担)。

 このほか、25日(土)および26日(日)出発で、秩父のホテル(農園ホテルまたは長生館)にて昼食と入浴が楽しめる「日帰り湯美人紀行」プランも発売。発着駅は横浜、自由が丘、渋谷、新宿三丁目から選べます。「S-TRAIN」の往復指定券、昼食、入浴・休憩、おみやげが付いて4600円からです(大人・子供同額、乗車券は別)。

 いずれのプランも16日まで西武トラベルで販売されます。

 ちなみに、「S-TRIAN」に使用される40000系は、営業運転開始に先駆け、3月12日(日)に西武球場前駅(埼玉県所沢市)でお披露目イベントが開催されます。参加費は無料。車両の撮影会や内覧会、デビュー記念乗車券の先行発売などが行われる予定です。

乗りものニュース編集部