ここから本文です

指原莉乃、年収は一体いくらなんだ!?“3億円”説に松本人志も有力(?)証言

3/7(火) 15:10配信

dmenu映画

レギュラー番組多数、MCとしても手腕を発揮して、バラドルの頂点に君臨しているHKT48・指原莉乃。ゲスな視聴者としては「さぞかし儲かっていることだろう」と気になってしまうところですが、さすがに年収3億円とは予想を超えていた!? 2月19日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」でのダウンタウン・松本人志の証言が話題をよんでいます。

松本人志、自身の年収報道振り返り…

同番組で、松本が「指原の年収は2億9500万円」という一部報道をネタにすると、指原は「嘘に決まっている」と否定しました。しかし、松本は過去に報じられた自身の年収ネタを振り返り、「俺も推測で書かれたけど、そこまで大きく間違ってはいない。少ない場合もあるし、倍ほど違ったことは経験上あまりない」と指摘したのでした。指原は「余計なお世話ですよ」とはぐらかしていましたが、果たして……。

昨年11月10日深夜に放送されたTBS系「HKT48のおでかけ!」でも、貯金事情が話題に上って、共にMCを務めるフットボールアワー・後藤輝基から「何億あるの?」とイジられていました。指原は「億じゃない!」と否定していましたが、貯金好きを公言していることから、かなり貯め込んでいることに間違いはなさそう。

また、昨年9月5日深夜放送のTBS系「Momm!!」では、Kis-My-Ft2二階堂高嗣に年収を耳打ちしましたが、二階堂はあ然とした表情を浮かべて、「俺は、あとどれだけ頑張ったらいいんだろう……」とポツリ。かなりの金額だったことをうかがわせました。

AKB48のレギュラー番組は儲からない?

指原は、所属事務所から歩合制で給料を受け取っていることも明かしています。昨年11月6日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」では、歩合制だと語った上で、「AKBのレギュラーはお金が入らない。太田プロとしてのレギュラーしか入らない」とぶっちゃけていました。

それ以上詳しくは語られませんでしたが、つまり、「HKT48のおでかけ!」やフジテレビ系「HKT48の離島へGO!」などAKB48グループの関連番組に関しては、ギャラの額はそれほどでもないということ? となると、まさかの「世間が想像しているほど儲かっていないのではないか」説まで浮上してきますが……。指原の年収がいまだ謎に包まれているのは、AKB48グループに所属しているぶんイレギュラーな給与形態がとられていることが大きいでしょう。

1/2ページ

最終更新:6/19(月) 13:13
dmenu映画