ここから本文です

【スーパーフォーミュラ】鈴鹿合同テスト2日目午前、一時降雨も中嶋一貴が首位

3/7(火) 11:35配信

motorsport.com 日本版

 スーパーフォーミュラの鈴鹿公式合同テスト2日目午前のセッションが行われ、中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)が1分36秒608のトップタイムを記録した。

【写真】今季のスーパーフォーミュラにデビューする、”大物”外国人ルーキードライバーたち

 前日に引き続き行われたスーパーフォーミュラの鈴鹿公式合同テスト。前日に比べ気温が低く、風も強い状態である。

 初日KCMGのマシンで走った小林可夢偉は2日目不参加。代わって中山雄一が乗り込んでいる。また、体調不良の影響で初日の走行を取りやめた山下健太(KONDO RACING)も、コクピットに戻っている。

 また、この日からSUNOCO Team LeMansの監督に片岡龍也が就任。早速サーキットに姿を見せた。

 開始早々、クラッシュが相次いだ。

 セッション開始から5分後、SUNOCO Team LeMansの大嶋和也が最初の計測ラップでヘアピンを飛び出し、アウト側のウォールにクラッシュしてしまう。これで、1回目の赤旗が掲示されることになった。

 またセッション開始から30分が過ぎた頃、ダンロップコーナーを登りきるところでアンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)がクラッシュ。イン側のウォールに当たり、フロントウイングなどを壊した。

 伊沢拓也(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)や国本雄資(P.MU / CERUMO・INGING)が1分37秒0~2のトップタイムを記録する中、中嶋一貴が1分36秒608を記録して一気にトップに浮上する。

 その直後、西コース方面から風が強まり、雨雲が襲来。一時横なぐりの雨となった。この影響で各車ピットイン。雨はすぐに止み青空が覗いたが、路面が改善することはなく、結局中嶋一貴のタイムを超える者はいなかった。

 この後、午後のセッションは15時から17時にかけて行われる。

■スーパーフォーミュラ公式合同テスト2日目午前
1. 中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)1'36''608/28Laps
2. 国本雄資(P.MU / CERUMO・INGING)1'37''088/22Laps
3. 伊沢拓也(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)1'37''203/32Laps
4. 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)1'37''204/32Laps
5. 山本尚貴(TEAM 無限)1'37''228/35Laps
6. ニック・キャシディ(KONDO RACING)1'37''329/24Laps
7. 野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)1'37''341/29Laps
8. ヤン・マーデンボロー(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)1'37''433/33Laps
9. 山下健太(KONDO RACING) 1'37''465/22Laps
10. アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)1'37''713/24Laps
11. 塚越広大(REAL RACING)1'37''720/26Laps
12. ナレイン・カーティケヤン(NAKAJIMA RACING)1'38''107/24Laps
13. 石浦宏明(P.MU / CERUMO・INGING)1'38''128/16Laps
14. 中嶋大祐(NAKAJIMA RACING)1'38''362/26Laps
15. ピエール・ガスリー(TEAM 無限)1'38''407/36Laps
16. フェリックス・ローゼンクビスト(SUNOCO Team LeMans)1'38''491/29Laps
17. 大嶋和也(SUNOCO Team LeMans)1'38''542/25Laps
18. 中山雄一(KCMG)1'38''878/33Laps
19. 小暮卓史(B-Max Racing team)1'39''054/24Laps
-. 小林可夢偉(KCMG)notime

Kenichi Tanaka