ここから本文です

フォルクスワーゲンが“セドリック”を世界初公開【ジュネーブショー2017】

3/7(火) 21:20配信

オートックワン

ジュネーブショー前夜に初公開

フォルクスワーゲン・グループが放つ初の自動運転のコンセプトカー、「セドリック」(Sedric)が、ジュネーブショー2017開幕前夜に開催されたグループナイトでいち早く披露された。

レベル5の完全自動運転!フォルクスワーゲン・セドリック フォトギャラリー

ワンボックス風の四角四面なスタイリングで、フロントはLEDランプがまるで笑顔のような表情を作り出す。大型のウィンドウは高応答のOLEDスクリーンであり、外を見たいときには半透明になる。

完全自動運転可能な4人乗りのモビリティ

フォルクスワーゲン セドリックは、レベル5にあたる完全自動運転の機能を搭載し、音声コマンドで操作が可能だ。ステアリング・ホイールやペダル類を必要とせず、目的地で人を降ろしたあと、自動運転で駐車する。2+2で向かって座る4人乗りであり、竹炭を使ったエアフィルターによる空気清浄の機能を搭載するなど、車内での快適な空間を重視している。また、シェアリングを視野に入れており、次の人が待っていれば、そのまま次の音声コマンドに従って走る。

VWグループ初の完全自動運転”レベル5”を実現

ベースとなるのは、MEBなる電動パワートレインとコネクティビティの搭載に対応する次世代プラットフォームである。バッテリーはアクスルの間のフロア部分に配置されており、ボディ設計の自由度が高い。それもあって、今回のセドリックでは、ルーミーで快適な室内空間を表現した。360°赤外レーダーや超音波センサーを搭載し、高精度デジタルマップを活用することにより、高精度でより安全な自動運転を実現するという。

これまでフォルクスワーゲン・グループ内で自動運転の技術をリードしてきたのはアウディ ブランドであったが、今回はグループとして初となる自動運転の機能を搭載している。同社では、eモビリティ、コネクティビティはもう内蔵されてるとの認識で、自動運転については、個人の乗り物をもっと安全にするという位置づけだ。

一方で、セミ自動はもう身近な存在になりつつある。年内に発表される予定のアウディ「A8」はハンズオフ、60km/hまで走れるという。2025年までに30種のEVを発表するとしている。そのために、37のデジタル開発拠点を設置し、NVIDIAなどとの提携も進めている。

最終更新:3/7(火) 21:20
オートックワン